サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 独メルセデス、最上級SUVの新型「GLS」を披露。プレミアムSUVのベンチマークとなるか

ここから本文です

独メルセデス、最上級SUVの新型「GLS」を披露。プレミアムSUVのベンチマークとなるか

独メルセデス・ベンツは6月24日、フルモデルチェンジしたフラッグシップSUV、新型「GLS」を発表した。

GLSは2006年に発表された初代「GL」を起源とするフルサイズSUV。2015年にはSクラスに相当するトップモデルであることを明確にすべくGLSの名が与えられ、これまで米国と中国を中心に全世界で55万台を売るヒット作となっている。

GLSとして2代目となる新型のボディサイズは全長5207×全幅1956×全高1823mm。ホイールベースは先代より60mm延長され3135mmとなり、室内にさらなる余裕をもたらしている。エクステリアは「Sensual Purity(官能的純粋)」というメルセデスの新たなデザイン言語に沿って、プレスラインを廃した滑らかな造形となり、大柄なボディにもかかわらず鈍重さを感じさせない仕上がりとなっている。

オプションで6人乗りも選択可能となったインテリアには、すべて電動調整式となる3列のシートが備えられ、最後列も194cmの身長まで乗車できるという。また、2列目シートは100mmのスライドが可能となっているほか、ラゲッジルームも最大で2400リッターまで拡大でき、ユーティリティも万全。もちろんシートの折りたたみなどはスイッチ一つの電動式だ。

パワーユニットにはいずれもターボ過給付きガソリンとディーゼルが用意され、前者は3.0リッター直6と4.0リッターV8、後者は出力違いで2タイプの3.0リッター直6となる。注目は、トップモデルの「GLS580 4MATIC」が積む4.0リッターV8ガソリンで、この新開発の電動化ユニットは、エンジン単体による最高出力489ps、最大トルク700Nmに、必要な場合には48V電装で駆動する電動スタータージェネレータによって22ps/250Nmのアシストが上乗せされる。

足回りは自動で車高を調整するエアサスペンションが標準で、路面状況に応じて各輪のサスペンションを個別に制御し、カーブでの車体傾斜機能まで備えた「Eアクティブ・ボディ・コントロール」もオプションで選択可能だ。

プレミアムSUVの新たなベンチマークとなりそうな新型GLS。そのスタートプライスは、欧州で85,924ユーロ(約1050万円)と発表されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します