サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スバル インプレッサとXVの改良モデルに試乗。走りのキャラの違いがより明確になった

ここから本文です

スバル インプレッサとXVの改良モデルに試乗。走りのキャラの違いがより明確になった

乗り比べると2台の違いが明らかに

次はインプレッサスポーツに乗り換えます。冒頭でお伝えした通り、XVの2.0Lエンジン車はすべてe-BOXERに置き換えられましたが、インプレッサにはその設定がまだありません。試乗前に「今回のような取り組みはおそらく初めて」という、STIとのコラボによる足回りの改良について開発者に伺いました。チューニングの順序としては、まずSTI側が試乗しつつ目指すべき乗り味を数値化、それを受けてスバルの開発陣が調整を施すというもの。「WRX STIのようにステアリング切り始めの応答性を高めることでリニアな操舵感を実現し、よりスポーティな方向を目指した」ということでしたが、さて実際に乗ってみると…。

走り出しでいくつかの段差を乗り越えると、XVとの違いが明らかに感じられます。シャキッと硬めの感触が足元から伝わり、なるほどSTIが目指したという乗り味の一端が見えてきます。一般道、高速道路で流れにのると、丸みのある乗り味だったXVよりもやや硬質ながら、軽快なハンドリングでキビキビと気持ちよく走らせることができました。

ただ、先ほどのXVほどのパワーが感じられないため、発進時や高速道路などでの加速時に多少の不足感がありますが、それもスペックを見れば当然。最高出力145ps/最大トルク188Nmのエンジンに、13.6ps/65Nmのモーターを組み合わせたXVに対して、インプレッサは154ps/196Nmのエンジンのみ。エンジン単体としては上回るものの、e-BOXERの力を得たXVのようにはいかない訳です。

2台を乗り比べての編集的な印象は、ゆったりとした快適な乗り心地を求めるならXV、よりスバルらしいスポーティなハンドリングを楽しむならインプレッサスポーツ、ということに。ご興味がある方には今回のような2台の比較試乗をぜひおすすめしたいと思います。

次のページ>>スペック(XV)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します