サイトトップへ

サイト
トップへ

震度速報 2020年1月28日 10時37分 気象庁発表
1月28日10時36分ごろ地震がありました。
[観測地域] 根室地方中部など  [震度] 4  今後の情報にご注意ください。詳細
地震の速報を、スマートフォンのアプリやメールでも受けとることができます。防災速報について

現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > トヨタ86も大幅改良。スポーツカーの本質である走りを深化

ここから本文です

トヨタ86も大幅改良。スポーツカーの本質である走りを深化

スバルBRZの兄弟車、トヨタ86も初の大幅改良を受け、8月1日から発売される。開発のキーワードは、「スポーツカーとしてのさらなる深化」。ニュル24hなどのレース活動で得た知見をもとに、世界中の様々な道を走りこむことで、操る楽しさをさらに引き上げたという。

走りのために内外装をブラッシュアップ

まず外装では、従来型よりノーズ先端を下げるとともにフロントグリル開口を横へ拡大し、リアもバンパーのブラック加飾拡大によって“ハの字”を強調。さらにウインカー内蔵タイプのLEDヘッドランプを全車標準とし、同じくLED化したリアコンビネーションランプは水平基調のデザインへと変更された。

また、フェンダーガーニッシュも空力性能を強く意識したデザインとなり、最上級グレードの「GT "Limited"」には、ウイングタイプのリヤスポイラーも備わる。

内装では質感の向上と、よりドライビングに集中できる環境作りを図っている。具体的には、トヨタ最小径(362mm)の真円ステアリングホイール、最高出力付近の7000回転をメーターの真上に配置したタコメーター、Gモニターなどを表示するTFT液晶モニター、外光の反射を抑えるグランリュクス(スエード調の人工皮革)などを採用している。

誰もが実感できる走りの“深化”

吸排気系などを改良し、リニアなトルクの立ち上がりにこだわった2.0L水平対向エンジンは、6MT車が最高出力+7psの207ps/7000rpm、最大トルク+7Nmの212Nm/6400~6800rpm、6AT車が同200ps/7000rpm、同205Nm/6400~6600rpmを発生する。

また、リヤピラーのスポット打点増し打ちによるボディ剛性強化やサスペンションチューンの最適化などにより、操舵応答性や乗り心地の向上を図ったほか、SACHS製ショックアブソーバーもオプション設定された。

チーフエンジニアの多田哲哉氏は、「新型86は、ハンドルを握って走り出した瞬間から、その深化を誰もが実感できるクルマに仕上げている」と語った。

グレードおよび価格

G=262万3320円(6MT)、264万7080円(6AT)
GT=298万1880円(6MT)、304万8840円(6AT)
GT "Limited"=318万3840円(6MT)、325万800円(6AT)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します