サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型レンジローバー イヴォークが世界初公開。ほぼすべてのパーツを一新 価格は約460万円から

ここから本文です

新型レンジローバー イヴォークが世界初公開。ほぼすべてのパーツを一新 価格は約460万円から

2代目となる新型レンジローバー イヴォーク。ロンドンで23日に盛大に行われたお披露目イベントでは、数々のセレブリティやゲストに見守られてベールを脱いだ。その中には、ファッションモデルのアジョワ・アボアーの姿もあり、新型イヴォークと同じスエード素材で作られたドレスで、抜群のプロポーションを披露した。なおこのスエード素材は、40個のペットボトルからリサイクルされたものという。

新型レンジローバー イヴォークは、「洗練」「性能」「サステイナビリティ」の3分野においてプレミアムコンパクトSUVの新基準を打ち立てることをフルモデルチェンジの重要なテーマとして掲げている。デザインにおいては、従来モデルで定評のあった低いプロポーションを維持しながら、さらなる洗練を追求。シンプルでありながら印象深いプロポーションは、イヴォークの個性を形作るもっとも重要な要素となっている。従来モデルと共通なのはドアヒンジのみとのことで、全面的に作り変えたことをアピールしている。

性能およびサステイナビリティ面の進化を象徴的に物語るのが、新型に採用された主要コンポーネントの数々だ。新しいイヴォークは、高いボディ剛性を確保した新設計プラットフォームを採用し、レンジローバーらしい洗練された乗り心地を追求している。

またパワートレインは高効率な4気筒ディーゼルまたはガソリンエンジンを搭載し、ランドローバー初となるマイルドハイブリッド、およびプラグインハイブリッド仕様の設定も予定している。

新型イヴォークは、パワートレインやシャシーを統合制御する進化版の「テレインレスポンス2」を採用する。これは、これから走行する路面状況に応じたモードを選択するだけで車両に搭載されるさまざまな電子制御パーツの制御を最適化してくれるというもの。目指されているのは「どこへでもイージーに行ける」性能だ。

さらなる洗練されたデザインを追求しつつ、メカニズム面でも大きな進化を感じさせる新型レンジローバー イヴォーク。イギリスでの車両価格は、3万1600ポンド(約460万円)からとなっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します