サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 落札価格20億と言われた最古のポルシェが売れ残り。理由はサザビーズのミスとナチスの影にあった

ここから本文です

落札価格20億と言われた最古のポルシェが売れ残り。理由はサザビーズのミスとナチスの影にあった

最古のポルシェ、タイプ64はどんなクルマか?

毎年8月中旬に開催されるモントレー・カーウィークではメインイベントのペブルビーチ・コンクール・デレガンスが有名であるが、前夜に行われるRMサザビーズの主催するカーオークションも面白い。下世話だが、レアなクラシックカーが一体どれくらいの値段で取引されているのか知ることができるからだ。

今回の話題は「ポルシェ タイプ64」が登場することだった。“最初(最古)のポルシェ”とも言われるこのクルマは、当時の枢軸国ドイツとイタリアが1939年に国威発揚を狙って企画したベルリン~ローマ間1500kmのレースに参加するために、フェルディナンド・ポルシェ設計事務所が「ビートル(※)」のシャシーをロイター・カロツェリア(Reuter Carozzeria:後のシートメーカー、RECARO)に持ち込み、全長およそ4.15m、ホイールベース2.4mのアルミ製ボディを作らせたのだ。その重量は535kgで各所に軽量化の苦労が見えるが、内側のドアハンドルがロープで、これは現代のポルシェ軽量モデル(ボクスター スパイダーなど)にも継承されている。

(※)当時はまだ「ビートル」というモデル名ではなく「KdFワーゲン」と呼ばれていた。命名はヒトラーで、KdF(歓喜力行団)はナチス政権下で国民に労働の余暇としての娯楽などを提供した組織。

前後のホイールまでカバーされた流線型のタイプ64は前面投影面積を小さくするために助手席をオフセットさせていたが、これは2014年に登場した「VW XL1」(※リッター111km走るVWの超低燃費カーで250台生産された)にも見られる手法だ。最終的にタイプ64のCd値は0.385であった。

ちなみにフロントのタイヤカバーはローラーで吊られており、大きくステアした場合でも問題はない。またフロントには2本のスペアタイヤが収納されている。

空冷水平対向エンジンの排気量は985ccで、最大出力35ps、最高速度は当初160km/hが目標であったが、40psにフルチューンしたモデルではファイナルを引き揚げて173.5km/hにまで達する計算になっていた。もっとも実際のところは145km/hであったとの記録がある。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します