サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 計画の2倍売れてるNSXが改良 価格は変わらず2370万円

ここから本文です

計画の2倍売れてるNSXが改良 価格は変わらず2370万円

ホンダは10月25日、「NSX」の改良モデルを発表した。同日より購入申込みを受け付け、発売は2019年5月からとなる。主な変更点は、新開発の専用タイヤの装着やサスペンション各部の見直し、「インテグレーテッド・ダイナミクス・システム」の制御の最適化、新色「サーマルオレンジ・パール」の追加、一部のオプション装備の標準装備化など。最高出力や燃費など、数値的なものに変更はない。

走行性能の向上として、サスペンション各部の見直しを行った。フロントスタビライザーを26%、リアスタビライザーを19%、リアコントロールアームブッシュを21%、リアハブを6%とそれぞれ剛性を向上させた。また走行シーンに合わせて車両特性を変化させることができる「インテグレーテッド・ダイナミクス・システム」の各モードの制御を最適化。さらに「アクティブ・ダンパー・システム」、「VSA(横滑り防止装置)」、「EPS(電動パワーステアリング)」の各制御、「スポーツ ハイブリッド SH-AWD」の駆動配分制御などを改良している。

エクステリアでは全色シルバー塗装だったフロントグリルをボディ同色化。またフロントとリアのメッシュパーツやオプションのカーボンパーツをマット仕上げから光沢のあるグロス仕上げに変更した。新たに追加されたボディカラー「サーマルオレンジ・パール」は、初代NSXに設定された「イモラオレンジ・パール」からインスピレーションを受け、現代の塗装技術を使いより鮮やかなオレンジを表現したものだという。オプション設定でキャリパーの色が選択できる「カーボンセラミックブレーキローター」にはこれまでのブラック、シルバー、レッドに加えてオレンジキャリパーが追加されている。

他にはオプション設定の「カーボンファイバーインテリアスポーツパッケージ」の一部だった「アルミ製スポーツペダル&フットレスト」を全車標準化している。

2016年8月に発売されたNSX。国内での年間販売目標は100台で、これまでに400台のオーダーがあり、当初の計画より2倍売れていることになる。専用工場で受注生産により作られ、完成後エンジンやミッションの慣らしまで行われるが、今発注すると納期はおおよそ半年から1年だそうだ。価格は改良前から据え置きの2370万円。

次のページ>>スペック

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します