サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 日本向けに最適化!BMW・3シリーズに試乗

ここから本文です

日本向けに最適化!BMW・3シリーズに試乗

モンスター級の人気シリーズ

BMWの屋台骨である3シリーズが、登場3年目にしてマイナーチェンジを受けた。変更内容を紹介していく前に、まずは数字上のモンスターぶりからお伝えしていくことにしよう。

3シリーズといえば、われわれ日本人にとってもっとも身近な輸入車の一台だ。エントリーモデルでも400万円台というクルマが身近なのか? そんなふうに思う方もいるかもしれない。けれど3シリーズの販売台数はハンパじゃない。なかでも記憶に新しいのが2007年に繰り広げられたVWゴルフとの死闘だ。07年上半期、3シリーズは日本で1万2236台を販売し、王者ゴルフを僅差で上回り輸入車販売台数1位を獲得したのである。下半期の猛追により年間トップの座はゴルフが死守したものの、価格帯が完全ひとクラス上の3シリーズがゴルフに肉薄する台数を販売したというのは驚きに値するし、日本における3シリーズ人気の高さを証明する出来事でもあった。

しかし、それ以上にすごいのが世界での販売台数だ。昨年、世界各国で販売された3シリーズは実に50万台以上! ということは毎月5万台近くが売れている計算になる。これはヴィッツとその海外仕様であるヤリスを合わせた数と同等であり、ライバル関係にあるレクサスISやスカイライン(インフィニティG)の数倍に達する。

3シリーズのような値の張るプレミアムカーがなぜこれほど売れるのか? もちろん、そこにはバッジの威力という無形の財産も関係しているだろう。しかし、人気の理由はそれだけではない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら