サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > Fタイプ クーペ、ジャガー新時代の最終兵器

ここから本文です

Fタイプ クーペ、ジャガー新時代の最終兵器

コンバーチブルに続き、クーペを導入

ジャガーが売れている。2013年の世界販売は前年比42%アップを記録した。実に17のマーケットで史上最高記録を達成しているというから恐れ入る。ただ、正直に言って日本ではパッとしない。長年浸透してきたジャガーのイメージをそう簡単に覆せないのだろうか。販売に大きな動きはない。ジャガーの「新世代デザイン」の認知度は思いのほか低いようだ。

とはいえ、Fタイプの登場はセンセーショナルである。2シーターの本格派スポーツのラインナップは、確かにカーガイの視線を集めている。そして、すでに日本にも導入されているコンバーチブルに続き、ついにクーペが加わる。今回はそのステアリングを握るため、スペインへと飛んだ。場所はバルセロナの北西に位置するリェイダという街。その市街地とワインディング、高速道路、それとフェレールボベにあるモーターランドというベタな名前のサーキットが試乗コースに設定されていた。

ではその中身だが、フレームはコンバーチブルと同じオールアルミ構造に他ならない。アルミ加工と成形について10年以上のキャリアを持つジャガーのなし得るワザだ。ただ、今回はルーフがあるのでそこは新しい。ハイドロフォーミング成形によるルーフの梁が設けられた。結果、ねじれ剛性はジャガーの量産車のなかでもっとも高い33000Nmとなる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します