サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ポルシェ911カレラが歴史上初のターボ化。「失ったもの」はないのか?

ここから本文です

ポルシェ911カレラが歴史上初のターボ化。「失ったもの」はないのか?

大きな期待と小さな不安

ポルシェの新型はいつだって大きなニュースになるが、今回の新しい「911カレラ/カレラS」は、フェイスリフトとしては異例なほどの注目を集めていた。そこにあったのは大きな期待と小さな不安。理由はもちろん、911カレラの歴史上初となるターボエンジンの搭載だ。

しかし結論から言えば、今回もポルシェは期待を裏切らなかった。ターボエンジンになっても911カレラは、しっかり911カレラだったのである。

フェイスリフト前はカレラが3.4L、カレラSが3.8Lのいずれも水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載していたのに対して、新型はいずれも排気量3.0Lのツインターボユニットを採用する。両者は単なるブースト圧違いなどではなく、タービンのコンプレッサー径、エグゾーストも別個のものとなる。

スペックはカレラが最高出力370ps/最大トルク450Nm、カレラSが同じく420ps/500Nmで、いずれも先代に対して20ps、50Nmのプラス。そして、いわゆるダウンサイジングターボ化の一番の目的である燃費は、たとえばカレラのPDK仕様で12.2km/Lから13.5km/Lに改善されるなど、1割近く改善されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します