サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > DS7 クロスバック試乗 キザでいやらしいと感じようがそれがこのクルマらしさ

ここから本文です

DS7 クロスバック試乗 キザでいやらしいと感じようがそれがこのクルマらしさ

細部にまで散りばめられるフランス感

シトロエンのお洒落でアヴァンギャルドなブランドがDSで、その最新モデルがDS7クロスバック。この新型SUV(というよりクロスオーバーか)の試乗会には大いに興味があった。というのも筆者の愛車は2010年型のシトロエンC6で、5年落ち5万kmで買ってから、走行距離は7万kmを超えた。まだまだ乗り続けるつもりではあるものの、万が一何かが起きた場合、C6の後継車両が存在しない。そこで、「フレンチラグジュアリーカーの復活を謳うフラグシップSUV」というDS7クロスバックの宣伝文句にグッときたのだ。

期待に胸をふくらませながら、C6の変わったサスペンション(ハイドラクティブIIIという一種のエアサス)がもたらす、ふわーん、ふわーんとした乗り心地を味わいながら試乗会会場に向かった。

太陽光の下で見るDS7クロスバックは、キラキラしていた。ただし、最新のドイツ車のようにギラギラしていないあたりがシックだ。フロントグリル内の格子柄やリアのコンビネーションランプの意匠がキラキラの発生源で、このあたりはルーヴル美術館の中庭にあるピラミッドがモチーフだとか。「スカしやがって」と思いつつ、なかなかスゴい話だと感心もしてしまう。トヨタが名古屋城の金のシャチホコをモチーフにしてクルマをデザインするようなものであるからだ。

まず試乗したのがオペラという最上級グレード。グレード名はもちろんパリのオペラ座からきており、他のグレード名もリヴォリ(リヴォリ通りに由来)、バスティーユ(バスティーユ広場に由来)と、どんだけパリが自慢なんだというグレード名だ。目を閉じて想像してみる。日産エクストレイルに、「馬車道通り」というグレード名があったら、われわれはどう反応するのか。DSのみなさんの、パリという街に対する圧倒的な自信と愛情は、ちょっと羨ましくもある。

冗談はさておき、DS7クロスバックのオペラのインテリアを見て、ほぉと感心する。レザーシートは、腕時計のベルトをモチーフにしたもの。斬新である一方、美しいステッチには伝統的な高級車に対する敬意も感じられる。シートだけでなく、センターコンソールのクロームや、ドアの内張にまで、細かくデザイン処理が施されており、外観を見て、運転席に腰掛けた時点で、「花の都」という言葉が頭の中でリフレインする。自分がフランス車びいき、というかフランス車かぶれであることを差し引いても、唯一無二のデザインだと感じる。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します