サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > プジョー、新型508を公開へ。全長を短く、全高は低くスタイリッシュに

ここから本文です

プジョー、新型508を公開へ。全長を短く、全高は低くスタイリッシュに

仏プジョーは2月22日、Dセグメント(アッパーミドルクラス)に属するセダン「508」の新型を披露した。SUVの好調な売れ行きやユーザーの嗜好の多様化が響き、このところ停滞気味のセダン市場。そうした状況を踏まえ、プジョーは新型508の魅力を高めるべく大きく舵を切った。

デザインはクーペタイプの5ドアファストバックへ

デザインについてはいわゆるスリーボックスの4ドアという典型的なセダンスタイルを刷新し、新たにクーペタイプの5ドアファストバックへと変更。また従来4.83mあった全長を4.75mへと短くして取り回しを良くした上で、全高は1.4mと低く設定し、スタイリッシュなフォルムを強調した。

インテリア

インテリアは「i-コクピット」と呼ばれるデザインコンセプトを踏襲しつつ、デザインや装備の向上を図った。i-コクピットは小径ステアリングと大型ワイドタッチパネル、高解像度のヘッドアップディスプレイにより、近代的なコクピット感覚を実現したもの。新型508ではタッチパネルのサイズを10インチ、ヘッドアップディスプレイは12.3インチとし、デジタルに取り囲まれた感覚を強調した。

車体まわりでは、EMP2と呼ばれる新世代アーキテクチャーの採用などにより70kgにおよぶ軽量化を実現。また新たな溶接技術の導入や構造用接着剤の使用範囲を24mにまで拡大するなどしてボディの高剛性化を実現している。

一方、運転支援装置は大幅に充実している。例えば、夜間の視界の悪い環境でドライバーの視認性を高めるナイトビジョンを採用する。これは200-250m先の状況を検知し、歩行者などの存在をヘッドアップディスプレイに表示できる。他にも車体周辺の360度ビューを実現する「Visiopark2(ヴィジオパーク2)」や、駐車時の運転操作を支援する最新世代の「フルパークアシスト」などを採用する。

エンジン

エンジンは、1.6リッターから2リッターまで仕様の異なるガソリンおよびディーゼルエンジンを用意し、トランスミッションは8速オートマチックを基本に、一部モデルでは6速マニュアルも設定する。

新型508は3月のジュネーブモーターショーでのワールドプレミアを経て、今年9月よりグローバルに展開予定となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します