サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 往年の名車をオマージュ ミツオカ「ロックスター」は200台限定

ここから本文です

往年の名車をオマージュ ミツオカ「ロックスター」は200台限定

光岡自動車は創業50周年記念モデルとなる「Rock Star(ロックスター)」を200台限定で発売しました。12月1日より受注開始しましたが、すでに既存顧客への先行受注分の50台は完売しており、2019年度はこの50台の生産・出荷で終了。今後の受注分は2020年度に生産・出荷される75台と2021年度の75台となります。価格は469万8000円から。

ベースは現行マツダ ロードスター。出力などのスペックは同一ですが、エクステリアを「スティングレイ」の愛称で親しまれた2代目シボレーコルベット風に変更しています。エッジの効いたボリュームのある前後フェンダーやクロームメッキバンパー、丸目4灯のテールランプなどでスティングレイの雰囲気を表現。またスティングレイはヘッドライトがリトラクタブル式ですが現在の安全基準では採用が難しいため、プロジェクターライト風にして設置しています。

このクルマを企画した渡部執行役員は「自分がどんなクルマに乗りたいか突き詰めることから始めました。カリフォルニアで暮らしていた20代の頃、当時憧れていたカルマンギアやポルシェ914などをモチーフにデザインしてもらいましたがピンと来ず、ある日送られてきたコルベット風のデザインをみてコレだ!と思い決めました」と、このクルマの方向性が決まったときのエピソードを語りました。

デザインを担当した青木課長は“ロックスター”と言うの車名の由来について「オールディーズロックのライブを見に行ったとき、老若男女問わずオーディエンスが純粋に楽しんでいる姿をみて、純粋で楽しいことを追求する光岡とそのお客様とかさなったんです。作る側もお客様もみんなロックスターだと。そんな思いからこの名前をつけました」と語りました。

このクルマを開発するにあたっては「オロチ」と同じクレイモデラーがクレイモデルを手がけたとのことで、デザインをした青木課長にとって2次元の状態のものを3次元化するクレイモデラーはデザイナーの通訳であり、非常に重要な存在とも語りました。他にもオロチを開発したメンバーがマネージメントに参加したり、OBメンバーまで協力したそうで、このモデルへの思い入れの高さを感じます。

先行受注50台の購入層は半分が50代から60代で、残りの半分が40代以下。女性は1人だけいるとか。人気のカラーはロサンゼルスブルーで40代だけなぜか黒が人気だそうです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します