サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > DS3 クロスバックは都会以外に似合うシチュエーションが思いつかない超都会っ子SUV

ここから本文です

DS3 クロスバックは都会以外に似合うシチュエーションが思いつかない超都会っ子SUV

ダイヤ型の意匠に溢れるインテリアは隠しダイヤ探しもできそう

インテリアでは、DSの特徴であるダイヤ型の意匠が繰り返し使われていて、ダッシュボードスイッチやエアコン吹き出し口はダイヤ型の組み合わせとなっています。ハンドルの奥に見えるメーターは、円の上下をまっすぐカットしたような形状のデジタルディスプレイで、よく見ると表示にもダイヤ型のデザインが執拗なまでに使用されていて、隠れダイヤ探しをするのも楽しそうです。

DSオートモビルの特徴である最新機能の採用という点では、上級グレードに前走車や対向車の状況を解析してヘッドライトの自動調光を行う「DS マトリクスLEDビジョン」や、高速道路や自動車専用道路で完全停止まで行うアクティブクルーズコントロールとレーンポジショニングキープを統合した「DSドライブアシスト」を採用。白線が片方しか認識できない場合でも、ポジションキープが可能となっています。

DS3 クロスバックのグレードは、ベーシックな「Be Chic(299万円)」、ミドルレンジの「So Chic(357万円)」、上級装備の「Grand Chic(404万円)」の3種類。「Be Chic」に対して、「So Chic」はリアLEDライト、スマートフォンワイヤレスチャージャー、オートエアコンなどが追加装備されていて、「Grand Chic」には更に18インチホイール、ブラックレザーシート、FOCAL HiFi 12スピーカー、ヘッドアップディスプレイなど、ラグジュアリーSUVらしい装備が追加されています。

ライバルとしてはアウディ Q2やミニ クロスオーバー、恐らくはレクサス UXなども視野に入りそうですが、青山住まいの奥様がさっと乗り込んで、表参道のパーキングメーターに停めてちょっとしたお買い物をするシーンが、いとも簡単に想像できてしまうDS3 クロスバックは違った意味で乗り手を選ぶモデルであり、逆に言えば自然の中、ましてや泥の中を走るなどまったく想像できない稀有なSUVモデルと言えそうです。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します