サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > ミニの斬新なワンボックスは5シーターと商用バンの2種類を開発中? 背景に中国メーカーとの合弁計画も

ここから本文です

ミニの斬新なワンボックスは5シーターと商用バンの2種類を開発中? 背景に中国メーカーとの合弁計画も

VWのI.D.バズやイセッタにも似ている

最近の新車発表会はほとんどがリモートで行われている。それゆえにパソコンのスクリーンに現れるクルマや人物が、果たして仮想(バーチャル)なのか現実(リアル)なのかあいまいに感じてしまうことがある。しかし、よく考えてみると未来のコンセプトモデルなどは、バーチャルの方がデザイナーにとって紹介しやすいのではないかと思う。

今回、MINIはオリジナル「Mini」のスピリット(最大の空間利用)を発展させた近未来コンセプト「アーバナウト(アーバノート)」を発表したが、このモデルなどはまさにその典型である。

「アーバン(市街)とアバウト(近距離移動)」を組み合わせたワンボックスカーの具体的な生産化については何も述べられていないが、クレバー・ユース・オブ・スペース、すなわちオリジナル「Mini」が1959年に誕生して以来のキーワードに従って、世界のほとんどのカーメーカーが追従したツーボックスのシルエットからさらに進化させ、背の高いワンボックス、ロングホイルベース、ショートオーバーハングのフォルムをもっている。

ミニのチーフデザイナー、オリバー・ハイルマーが率いるチームがつくり上げたワンボックスエクステリアは、アルミグリルの背後にある円形ヘッドライトや六角形グリルなどで確かにミニを彷彿させる。それに、大きく上方に跳ね上がるフロントウインドウは1955年に登場した「BMW イセッタ」の前方ドアを思い起こさせる。

全体のフォルムは2017年に登場したVWの電気バス「VW I.D.BUZZ(バズ)」に似ている。 実は、BMWがミニを含むローバーグループを傘下に収めて間もない1997年に、ローバー側が主導して制作されたMPVコンセプト「ミニ スピリチュアル コンセプト」を発表した経緯もあり、ビートルを発祥とするVWと、両者はどこか通じるところがあるのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します