サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アウディの新型A8はレベル3自動運転も織り込まれたハイテクの塊

ここから本文です

アウディの新型A8はレベル3自動運転も織り込まれたハイテクの塊

電動化ではなく電脳化が新型A8のトピックス

EV旋風が吹き荒れる中、アウディのフラッグシップであるフルサイズセダンの「A8」がフルモデルチェンジした。エンジン主力のパワートレーン構成であることに変わりはないが、48Vのサブ電源やプラグイン・ハイブリッドも注目だ。スペインのバレンシアで開催された新型A8の国際試乗会からレポートする。

「技術による先進」というスローガンを掲げるアウディにとって、A8は最高の技術を搭載するモデルでなければならない。新型A8のトピックスはパワートレーンの電動化よりも、デジタル技術を駆使した電脳化に特化したことだ。その意味では伝統的なエンジン車である。EVは「e-tron」ブランドとして2020年前後に登場するだろう。

スタイリングはオーソドックスなサルーンだが、ディテールには高度な生産技術に裏付けられたクオリティを感じる。A8はアルミボディの先駆者として知られ(実際は「ホンダ NSX」のほうが早かった)、1994年の初代A8以来四半世紀にわたってアルミボディの研究を続けてきた。新型はアルミだけでなく多様な素材を適材適所で使っている。また、アルミは曲げの自由度が小さいと言われてきたが、最近は生産技術が高まり、ショルダーは美しいラインを描き出している。ミケランジェロの子孫がデザインした彫刻のようだ。

ワイドになったシングルフレームグリルも印象的。全幅は-4mmの1945mmとスリムになったが、全長は従来比+37mmの5172mm。ロングホイールベースは2998mmで6mm伸びている。全体的には全長が伸びて幅がすこし狭くなったので、スレンダーなフォルムと言える。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します