サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > レクサス、ペブルビーチでLCやUXのカスタマイズモデルを世界初披露

ここから本文です

レクサス、ペブルビーチでLCやUXのカスタマイズモデルを世界初披露

レクサスは23日、米カリフォルニア州で開幕したペブルビーチ・コンクールデレガンスにおいて、高級クーペ「LC」や新型コンパクトSUV「UX250h」をベースとしたコンセプトカーを披露した。

「LCインスピレーション シリーズ」コンセプトは、レクサスが2017年に発表したインスピレーションシリーズの最新作。同シリーズの掲げる「大胆さ」と「エクスクルーシブさ」を新たなアプローチで表現したモデルとなっている。なおLCインスピレーションシリーズの第一弾は2017年に米SEMAショーで発表されている。

第2弾は、フレアイエローのボディペイントを採用するほかブラック塗装を施した21インチアルミホイールを採用。また、カーボンファイバールーフやアクティブリアスポイラーなど、スポーツカーらしい目をひく特徴も与えられている。

インテリアについてもコーディネイトされ、ドアの内張りにイエローインサートをあしらったほか、セミアニリンのレザーシートにもイエローのステッチが施されている。高級感を保ちながらも大胆な配色により、標準仕様では飽き足らない顧客に強くアピールする。

一方の「UX250hコンセプト」は、3月のジュネーブモーターショーで披露されたUXシリーズに、独自のカスタマイズを施したもの。手がけたのは、高級車のチューニングを得意とするVIPオートサロンのクラーク・イシハラ氏。ドイツ・オラカル社のラッピングを使い、ボデイ全体が鮮やかなブルーにラッピングされているほか、ルーフには特殊な自転車である「レクサスFスポーツ カーボンファイバー ロードバイシクル」を積載できるルーフラックを搭載。アクティブなイメージが演出されている。

このほかリップスポイラー、Vossen VFS-1ホイール、Apexiサスペンションキットやエキゾーストシステムを採用し、スポーティなたたずまいを強化しているのが特徴だ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します