サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > マツダ3改良モデル試乗 やや弱かった走りの質が高められ全体の統一感を得た

ここから本文です

マツダ3改良モデル試乗 やや弱かった走りの質が高められ全体の統一感を得た

マツダ3改良モデル試乗 やや弱かった走りの質が高められ全体の統一感を得た

マツダ3 ファストバック XD Lパッケージ

ライバルの走りの質は高いがデザインと統一感が強み

マツダ3は、改良前のモデルと比べると「これぞマツダ3に求めていたもの」と思えるほど進化していた。しかし、他メーカーのモデルと比べてみるとどうだろう? 同セグメントの中でもっとも良いと思ったのは、トヨタ「カローラ スポーツ」だ。

TNGAプラットフォームを採用した新型カローラシリーズは、走りの質感がぐんと上がった。さらに、1.2Lターボと1.8L+ハイブリッドのパワーユニットは、どちらも以前のマツダ3に感じたような物足りなさはなく、気持ちよく走ることができる。「誰でも運転がスムーズにできるクルマ」という観点で見れば、カローラは最初からそれを実現していた。そのほかにも、走りで言えばスバル「インプレッサ スポーツ」もとても高いレベルにある。

「じゃあ、その中でマツダ3を選ぶ理由は?」と考えると、これまでマツダの得意としてきた“走る歓び”だけではなく、「クルマ全体の統一感」がポイントになると思う。マツダのクルマは、他メーカーと比べるとデザインは美しいが、これまではそのデザインが先行しすぎて、全体の質感とアンバランスに感じることもあった。それが今回の改良でこのマツダ3は、デザインや走りの性能、静粛性、オーディオの音質など、全ての要素がひとつのモデルとしてまとまったと感じた。

カローラやインプレッサなどは、走りの質感は高まっているものの、やはりデザインはマツダ3に軍配が上がるし、ブランドとしての統一感も強い。これまではマツダファンにしか理解できなかったような領域も、改良されたマツダ3によって、よりその良さが伝わりやすいモデルになったのではないかと感じた。

----------
伊藤 梓(いとう あずさ):ライター
クルマ好きが高じて、グラフィックデザイナーという異業種から自動車雑誌の編集者へと転身。2018年からクルマの魅力をより広く伝えるために独立。自動車関連のライターのほか、イラストレーターとしても活動している。

【 マツダ MAZDA3 ファストバックのその他の情報 】
マツダ MAZDA3 ファストバックの買取相場

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します