サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型メルセデス・ベンツ Sクラスクーペ/カブリオレ 高性能なAMGモデルも発表

ここから本文です

新型メルセデス・ベンツ Sクラスクーペ/カブリオレ 高性能なAMGモデルも発表

独メルセデス-AMGは、新型Sクラスクーペ/カブリオレの発表に合わせ、その高性能バージョンとなる「S63 4MATIC+ クーペ/カブリオレ」および「S65 クーペ/カブリオレ」を公開した。

メルセデス-AMGモデルは、特にフロントまわりが標準モデルと異なる。AMGモデルには“パナメリカーナ ラジエターグリル”と呼ばれる、2ドアの高級ライン専用のフロントグリルが与えられる。メルセデスはかつて、通称「SLグリル」と呼ばれる、ボンネットマスコットの代わりに大型のスリーポインテッドスターをグリル内に内蔵した高級スポーティライン専用の“顔”を採用していたことがある。その伝統を受け継ぐパナメリカーナ ラジエターグリルは、縦格子状のクロームグリルが特徴。他にもフロントバンパーやサイドスカート、リアバンパー、アルミホイール(モデルにより19インチまたは20インチが標準)などが専用デザインとなり、低重心でスポーティなフォルムが強調されている。

パワートレインは?

パワートレインは、S63 4MATIC+ クーペ/カブリオレには4リッターV8ツインスクロール ツインターボエンジンが搭載され、トランスミッションは9速ATが組み合わされる。スペックは最高出力612hp、最大トルク900Nmを発生。0-100km/hをわずか3.5秒で加速し、標準仕様では250km/hに制限される最高速度は、AMGドライバーズパッケージを選択すると300km/hに引き上げられる。なお4MATIC+は左ハンドル仕様のみの設定となり、右ハンドル仕様については後輪駆動となる。

一方、ジェントルな走行特性を身上とするS65は、6リッターV12ツインターボを搭載する。こちらは最高出力630hp、最大トルク1000NmとS63のスペックを上回り、この巨大なパワー&トルクを7ATを介して後輪に伝える。0-100km/h加速は4WD仕様のS63にはかなわないが、4.1秒と十分な速さを備える。

可変ダンピングシステムを備えたサスペンションを搭載

サスペンションは、S63 4MATIC+ およびS65には「AMGライドコントロール+」サスペンションが搭載される。可変ダンピングシステムを備え「コンフォート」「スポーツ」「スポーツプラス」のモード選択が可能。

S65のクーペモデルには、専用のAMGアクティブ ライド コントロールが採用される。これはステレオカメラで路面状況を読み取り、スプリングとダンパーの設定をリアルタイムで変化させることで極上の乗り心地を実現するというもの。さらにコーナリング時に内輪側が低くなるように、最大2.65度までの角度をつけて安定したコーナリングを実現するカーブチルティング機能も備える。

他にも速度感応式のAMG専用ステアリングやハイパフォーマンスブレーキシステムを採用し、スポーツモデルに期待されるダイナミックなパフォーマンスとハイエンドモデルにふさわしい乗り心地を両立させている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します