サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ベントレー“Speed”に試乗。名車コレクター涌井さんに聞くブランド論

ここから本文です

ベントレー“Speed”に試乗。名車コレクター涌井さんに聞くブランド論

ベントレー“Speed”に試乗。名車コレクター涌井さんに聞くブランド論

コンチネンタル GT スピード(2015年モデル)

なぜベントレーは“Speed”なのか?

今や現代のプレミアムスポーツのひとつとして完全に定着したベントレー・コンチネンタルGTシリーズには、通称「Speed Model」と呼ばれるハイパフォーマンス仕様が用意されている。

最初は2007年、初代コンチネンタルGTの時代にクーペ版のGT Speedが登場し、標準で560psを発揮していた6リッターW12気筒エンジンはプラス50psの610psを絞り出した。そしてSpeed Modelは翌08年には4ドアセダンのフライングスパーに、翌09年にはオープンモデルのGTCにも追加されたのだ。当然、人より少し上を求める好事家に好評だったからである。

それは現行の第2世代コンチネンタルGTシリーズにも受け継がれ、2012年にはクーペ版のGT Speedとオープン版のGT Speed コンバーチブルが登場し、当初は標準車プラス50psだったが、2014年モデルからプラス60psの635psという途方も無いパワーを持ちうるに至っている。フルタイム4WDモデルとはいえ、高級乗用車でこのスペックは破格だ。

そして今回パワーは変わらないものの、熟成されたコンチネンタルGT Speedの2015年モデルに乗ることになったわけで、そこでふとオザワはこの“Speed”という言葉が持つ意味を知りたくなったのであ~る。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します