サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ボディ拡大&フツー化した新型MINIクラブマン、走りはいかに?

ここから本文です

ボディ拡大&フツー化した新型MINIクラブマン、走りはいかに?

先代クラブマンオーナーは無視!?

MINIのステーションワゴン、メーカーいうところのシューティングブレイクたる「クラブマン」が、新型にモデルチェンジした。これまでと基本的に同様のMINIスタイルを受け継ぎつつも、ボディサイズがかなり大きくなったのがその最大のポイントだろう。

クーパーSの数字で、全長4270×全幅1800×全高1470mm、ホイールベース2670mm、トレッド1560/1561mm、車重はクーパーS ATのDIN表示で1390kg。新型5ドアより長さで270mm、幅で90mm大きく、現行のゴルフVIIと同等、車重はゴルフより重い。

「そんなのもはやMINIじゃないだろ」という読者諸兄の声が聞こえてきそうだが、先代MINIクーパークラブマンのユーザーである僕自身も、もちろんそう思った。

そこで、新型クラブマンの国際試乗会が開かれたスウェーデンのストックホルムで、開発担当者にストレートに尋ねてみた。「僕のような先代クラブマンに乗っている人間から見ると新型は大きすぎるが、新型のターゲットに先代ユーザーは入っているのか」と。

そうしたら明快な答えが返ってきた。「ノー、先代のユーザーは新型のターゲットに想定していない。新型のターゲットに想定しているのは、まったく新しいゾーンの人々です」と。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら