サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > メルセデス、新型コンパクトSUV「GLB」に306馬力の高性能版。本国で「GLB35 4MATIC」が発表

ここから本文です

メルセデス、新型コンパクトSUV「GLB」に306馬力の高性能版。本国で「GLB35 4MATIC」が発表

独メルセデス・ベンツは、今年6月に発表した新型コンパクトSUV「GLB」クラスのラインアップに、メルセデスAMGが手がけた高性能版となる「GLB35 4MATIC」を設定すると、29日発表した。

GLBは、「Aクラス」や「Bクラス」といったコンパクトモデルと共通の小型車向けプラットフォームをベースに作られたSUVモデル。既存の「GLA」と「GLC」の中間に位置し、ボクシーなスタイルを特徴とする。また3列シートを設定することも大きなアピールポイントとなる。

GLBデビュー時の発表では、1.3リッターエンジンから設定されるとのことだったが、このたび追加が発表されたGLB35 4MATICは、2リッターガソリンターボエンジンを搭載する高性能モデル。最終的には「GLB45」が登場する可能性もあるが、AMGチューンの2リッターターボと聞けば、十分なパフォーマンスを持つことは想像できるだろう。スペックは最高出力306hp、最大トルク400Nmだ。

組み合わされるデュアルクラッチ式トランスミッション「AMGスピードシフト DCT 8G」は、快適性重視のロングドライブからスポーツドライビングにまで対応するもの。シフトダウン時には回転数を自動で合わせる機能を持つ。また最速のスタートダッシュを実現する「レーススタート」機能も備える。

また、GLB35 4MATICは、「スリッパリー」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」「インディビジュアル」の5モードを選択できる「AMGダイナミックセレクト」を備える。これは選択したモードに応じてエンジンレスポンスやトランスミッションの変速タイミング、サスペンションおよびステアリングの設定を最適化するもの。スポーティなだけでなく、快適重視の設定など、さまざまな楽しみ方ができるのが特徴だ。

スタイリングについては、AMGモデル専用のラジエターグリルをはじめ、フロントスプリッター、リアエプロン、2本出しのエキゾーストシステム、専用ルーフスポイラー、19インチ5ツインスポークアルミホイールなどにより、標準モデルとの差別化が図られている。ホイールは最大21インチまで3タイプが設定され、好みのデザインやサイズを選択することが可能だ。

人気上昇中のコンパクトSUVセグメントに導入される個性的な高性能モデル、GLB35 4MATIC。日本への導入を心待ちにするユーザーも多そうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します