サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > マセラティ グラントゥーリズモ&グランカブリオが10年ぶりにビッグMC

ここから本文です

マセラティ グラントゥーリズモ&グランカブリオが10年ぶりにビッグMC

マセラティジャパンがフェイスリフトされた2018バージョンのクーペモデル「グラントゥーリズモ」と、そのオープンモデル「グランカブリオ」を発表しました。そろそろフルモデルチェンジの噂も出ているグラントゥーリズモ&グランカブリオですが、10年越しのビッグマイナーチェンジでリフレッシュが図られています。

オーナー向けの発表イベントを兼ねた発表会は、ふだんは関係者しか入れない成田空港の航空機整備ハンガーを会場に開催され、展示車の背景には実際の空輸に使われた、マセラティのロゴの入ったボーイング747が展示されるという演出もありましたよ。

主な変更点

==========
・フェラーリ製V8を搭載するスポーツ/MCの2本立てに
・バンパー・ヘッドライト・グリル・サイドダクトのデザイン変更
・インテリアが最新のインフォテインメントシステムに変更
・エントリーグレードの4.2L V8エンジン搭載モデルを廃止
※上記の変更はグラントゥーリズモ/グランカブリオ共通
==========

グラントゥーリズモ/グランカブリオともに、エクステリアでは六角形のシャークノーズやバンパー左右のエアダクト、スプリッターが新形状に。空気抵抗は0.33→0.32へと僅かに減少しています。こうした空力効果もあってクーペの高性能グレード「MC」は最高速度301km/hをマーク。また、LED/バイキセノンのヘッドライトはLEDデイタイムランニングライトのデザインが見直されています。

エンジンはフェラーリ製の4.7L自然吸気V8を積む2グレード構成(スポーツ/MC)のみとなり、4.2L V8を積む廉価モデルはラインナップから落とされました。また、インテリアではダッシュボードがより立体的にデザインにされ、Apple CarPlayやAndroid Auto対応の8.4インチのタッチスクリーン式ディスプレイ、他のマセラティ・モデルでも採用されているダブルロータリーダイヤル式のUIが新たに採用されています。

価格

=====
・グラントゥーリズモ スポーツ :1890万円
・グラントゥーリズモ MC    :2216万円
・グランカブリオ スポーツ   :2000万円
・グランカブリオ MC      :2175万円
=====

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します