サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ロールスロイス、「世界でもっとも静かなガソリン車」を標榜する新型ファントムを披露

ここから本文です

ロールスロイス、「世界でもっとも静かなガソリン車」を標榜する新型ファントムを披露

ロールスロイスは7月27日、新型「ファントム」をワールドプレミアした。ファントムは、ロールスロイスの最上級サルーン。1925年に登場した初代から数えて8代目にあたる。

一新された新世代プラットフォームを採用

新型ファントムは、一新された新世代プラットフォームのうえに豪華で威風堂々としたボディを載せる。プラットフォームは、“アーキテクチャー オブ ラグジュアリー”と呼ばれるオールアルミ製のスペースフレーム構造を採用。従来のものよりも軽く高剛性(従来比+30%)で、かつ静かであるという。これにより“魔法の絨毯のような乗り心地”を実現しているとのことだ。

6.75リッター、V12ツインターボ搭載

エンジンは、排気量6.75リッターのV12ツインターボを搭載する。スペックは最高出力563hp、最大トルク900Nmと強力で、しかもわずか1700rpmで最大トルクを発生するという。組み合わされるトランスミッションはZF製の8AT。普段はシュルシュルと走る一方、必要とあれば巨大なパワーを瞬時に引き出せるという。

しかもファントムは、「世界でもっとも静かなガソリン車」を標榜する。その自信満々の静粛性を実現しているのは、車体のすべてに6mm厚のものを2層に重ね合わせたガラス構造と、130kg以上におよぶ遮音材、過去最大のサイズとしたアルミ鋳物の結合部など。

内装は、豪華絢爛なのはもちろん、14年ぶりのフルモデルチェンジにふさわしいアップデイトが図られている。液晶カラーディスプレイは12.3インチへと大型化され、後席のみならず前席にも自動ドアが採用された。さらにリアシートは顧客のオーダーによりラウンジタイプ、格納式アームレスト付きの独立タイプ、固定式センターコンソール付きの独立タイプに加え、スリーピングタイプが選択可能となっている。

ロールスロイスいわく新型ファントムは、“世界でもっとも優れた自動車であると同時に、世界トップクラスの高級品でもある”とのこと。ぜひ近くでその姿を拝見してみたいところだ。

次のページ>>フォトギャラリー

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します