サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > フォード、電動SUVのマスタング マッハEをLAショーで発表。GTモデルは911GTSに並ぶ加速性能

ここから本文です

フォード、電動SUVのマスタング マッハEをLAショーで発表。GTモデルは911GTSに並ぶ加速性能

ロサンゼルスオートショー開幕直前の11月17日「フォード マスタング マッハE」が発表された。55年の歴史上初のEVにして、しかもSUVというこのモデルには後輪駆動とAWDが用意される。バッテリーは標準レンジの75.7kWhとエクステンドレンジの98.8kWhの2種類があり、後輪駆動とロングレンジバッテリーの組み合わせによる最大航続距離は300マイル(約483km)だ。0-96km/h加速は5秒中盤台から6秒前半程度だが、最高出力459hpを誇る最強のGTモデルは実に3秒中盤という「ポルシェ 911 GTS」に並ぶパフォーマンスを誇る。発売予定は2020年後半になるようだ。

オートショーの会場でエクステリアデザインマネージャーのクリストファー・ウォルター氏に話を聞いた。まずネーミングについて尋ねると「開発が始まった段階ではモデル名は決まっていなかったのだが、この3年間各社が一斉にEVを発売しだしたのでその雑踏の中から抜け出す意味で、“魂のある”ネーミングにしたかった。マスタングは世界で最も知られたスポーツカーのネーミングの一つで、ぴったりだと考えた。そこで、これまで築き上げてきたマスタングファミリー=クーペ、コンバーチブルそしてハイパフォーマンスモデルというラインナップにSUVのEVを新たに加える形をとることにしたんだ。マスタングのファンがEV市場でこのネーミングを見たときに他のEVとの違いを感じることができるし、もちろんその期待以上のパフォーマンスを提供できるクルマが出来上がったと自負しているよ。」との回答。

さらにマスタングを名乗る上でデザイン的にキーとなる部分を挙げてもらうと「ネーミングがマスタングに決まったところで、アーキテクチャーの骨格から見直しを求めたんだ。前輪を70mm前に出し後輪を20mm後ろにしてロングホイールベース化して前後のオーバーハングを切り詰めた。フロントノーズは先端を上げ、逆スラントのシャークノーズに、Aピラーの付け根は後ろにずらしてボンネットはできるだけ長くした。ルーフラインはクーペのようになだらかにしたが、実際に後席に乗るとヘッドクリアランスは見た目以上に広く取ってある。リアの肩の部分のボリュームを増やし広がったテールにはマスタングの象徴的な3連テールレンズを組み込んだ。全体的に単にこれまでのマスタングのパーツを付けたのではなく、未来のマスタングをイメージしたデザインだ。」と結んだ。

改めてマッハEを目前にしてみると、キャラクターラインがしっかりと入ったボリュームのあるボンネットやヘッドランプ、テールライト、クーペ風のルーフラインなど、現行マスタングに共通のイメージを確かに感じとることができる。ベースモデルは縁取りのみでグリルレスのフロントマスクはいかにもEVという印象だが、GTモデルにはグリルとエアダムを加え、現行のガソリン高性能モデル「シェルビー GT350」のハイパフォーマンス感を十分に引き出しているデザインに仕上げられている。ちなみに日本語表記になると「マッハ・イー」だが、現地の発音では「マーキー」と呼ばれている。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します