サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > アルファロメオ、ディーゼルを日本初導入。ステルヴィオとジュリアに追加

ここから本文です

アルファロメオ、ディーゼルを日本初導入。ステルヴィオとジュリアに追加

FCAジャパンは2月18日、SUVのステルヴィオおよび4ドアサルーンのジュリアへのディーゼルモデル追加を発表しました。価格は、ステルヴィオ 2.2ターボ ディーゼル Q4が617万円、ジュリア 2.2ターボ ディーゼル スーパーが556万円。発売開始は4月6日が予定されています。

両車に搭載される2.2L ターボディーゼルエンジンは、ステルヴィオ用が最高出力210ps/3500rpm、最大トルク470Nm/1750rpm、ジュリア用が同190ps/3500rpm、同450Nm/1750rpmを発生。トランスミッションはどちらもZF社と共同開発された8速ATが組み合わされ、0-100km/h加速はステルヴィオが6.6秒、ジュリアが同7.2秒を記録します。

アルファロメオのディーゼルとしては、初めてアルミ製ブロックや中空カムシャフトなどを使用し、エンジン単体重量が同クラスでは最も軽量という155kgを実現。また低回転からターボラグのないレスポンスや高トルクを可能とする電子制御式バリアブル・ジオメタリー・ターボや、正確なブースト圧制御を行うターボRPMシステムなどの技術が採用されています。

発表会では一足先にステルヴィオ 2.2ターボ ディーゼル Q4に試乗したモータージャーナリストによるパネルディスカッションが行われ、河口まなぶ氏は「軽量エンジンの恩恵でガソリン車と変わらないクイックなハンドリングが実現されている」と語り、塩見智氏は「“スポーツディーゼル”とアルファロメオが謳うにふさわしい軽やかさが感じられる」などの印象を語りました。

次のページ>>スペック ステルヴィオ 2.2ターボ ディーゼル Q4

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します