サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ポルシェがジュネーブで「ミッションEクロスツーリスモ」をサプライズ公開。市販は意外に早い?

ここから本文です

ポルシェがジュネーブで「ミッションEクロスツーリスモ」をサプライズ公開。市販は意外に早い?

ポルシェがジュネーブショーで、電気駆動(ピュアEV)のCUV(クロスオーバーユーティリティビークル)のコンセプトスタディモデル「ミッションEクロスツーリスモ」をサプライズ発表した。2015年秋のフランクフルトショーで初公開された同社初のピュアEVコンセプトセダン「ミッションE」の派生バージョンでもある。

2つのモーターを搭載する四輪駆動車で、システム出力は600ps以上、0-100km/hは3.5秒未満、0-200km/h加速は12秒以下。4輪それぞれにオンデマンドで最適なトルクを振り分けるトルクベクタリング機能も備わる。アダプティプエアサスペンションを備え、コーナリング時はロールを抑え、起伏の大きな荒地では横方向の安定性を改善、車高は50mmまで上げることが可能だ。15分で400km走行分のチャージが可能な800Vの急速充電ネットワークなど、複数の充電方式をサポートする。充電時はリアのPORSCHEロゴの“E”の文字がエネルギーの流れを表すように点滅する。

後席が独立2座の4名乗りで、全長4.95m×全幅1.99m×全高1.42mというサイズ感は「パナメーラ」に近いが、ワゴン版の「パナメーラ スポーツツーリスモ」のようにリアハッチ角度が立てられ、後方キャビンスペースが拡大しているほか、ホイールハウスを縁取るクラッディング処理などでクロスオーバーらしい雰囲気を醸し出している。ノーズ部分が垂直に落とされた特徴的なエアインテークはエアカーテンと呼ばれる。可動式の4ポイント デイタイムランニングライトなどはオリジナルのミッションEのモチーフが踏襲されている。

インテリアは物理メーターを廃止して複数のディスプレイを組み合わせたもので、ポルシェの特徴でもある丸型3連メーターがバーチャルとなるほか、助手席用のディスプレイも用意され、いずれも視線追跡やタッチコントロール機能が組み込まれている。

2016年にはミッションE開発のために1400人を新たに雇用するなど、ポルシェは市販化に本気で、2020年にはセダンが発売予定。ジュネーブショーのカンファレンスでも早めの登場がほのめかされるなど、一部では早くも、このクロスツーリスモがセダンに先駆けて前倒しで出てくるのでは、という噂が出ているようだ。

【関連記事】ジュネーブモーターショー2018特集

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します