サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > クーペとカブリオレの中間、新型911タルガ受注開始。欧州では新開発MTの設定も

ここから本文です

クーペとカブリオレの中間、新型911タルガ受注開始。欧州では新開発MTの設定も

名前の由来は伝説のレース、タルガ・フローリオ

昨年発表された最新の992型はこれまでカブリオレとターボが発表されたが、3番目としてタルガが追加された。タルガは1965年のフランクフルトモーターショーで初代モデルが発表されたロールバーを持った911のオープンモデルである。これは当時、ポルシェにとって主要輸出国であったアメリカで1960年代の半ばに起こった出来事に起因する。弁護士で消費者運動家のラルフ・ネーダーが執筆した「Unsafe at Any Speed(どんな速度でも危険)」という自動車の安全性を問う著書によってコンバーチブルモデルの転倒危険性が問題になったのだ。

ポルシェはロールバーを装着することで安全性を確保した。パッセンジャーの頭上に強固なバーを渡し、頭上はハードプラスチック製のデタッチャブルルーフ、リア部分はウィンド付きキャンバス製トノーカバーから成っていた。

名前の由来は1906年から1977年までシチリア島で開催されていたロングディスタンス・レースのタルガ・フローリオである。ルマンと並ぶ名高いスポーツカー選手権のかかったこの公道レースでポルシェは11回も優勝している。特に1970年にラップタイム33.36秒、平均128.571km/hという記録を達成した908/3はオープンモデルだった。これが一般的なネーミングの由来だが、実はもう一つ偶然があって、イタリア語のタルガはドイツ語でSchild(標識、盾)、英語でもSchield(盾)で、保護、安全に繋がるというわけだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します