サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 三菱ゴージャスSUV顔の第3弾、eKクロス スペース登場。マイパイロットはオプション扱い

ここから本文です

三菱ゴージャスSUV顔の第3弾、eKクロス スペース登場。マイパイロットはオプション扱い

ゴージャスSUV顔の“クロス”とノーマル顔を用意

2月6日、三菱の新型スーパーハイト軽ワゴン「eKクロス スペース」(165万5500円~199万1000円)と「eK スペース」(139万9200円~176万7700円)が発表されました。ざっと見ていきましょう。

デザインは「デリカD:5」以来のお家芸となったゴージャス系SUV顔の「eKクロス スペース」が目玉です。先に登場したハイト軽ワゴン(低いほう)の「eKクロス」と同じコンセプトですが、スーパーハイトだとよりしっくり来る印象かも。オプションでアダプティブLEDヘッドライトも選択可能になっています。一方「eKスペース」はオーソドックスな造形でまとめられ、日産の姉妹モデルと共通部分を増やしてコストを抑えたノーマルモデルといった印象です。

クラス最長の後席スライドやハンズフリードアを採用

ユーティリティでは320mmとカテゴリー最長のロングスライドを実現したリアシートが自慢。リアシートを一番前に出せば、運転席から子供のケアができるし、650mmと広い開口部をもつスライドドアとの組み合わせによってチャイルドシートの脱着や操作が楽になっています。また、荷室床もカテゴリー最長の676mmで、機内持ち込みサイズのスーツケースなら4個が収納可能。

さらに両手がふさがっているときに足のジェスチャーで開けられるハンズフリーオートスライドドアや、先代でも好評の後席用空調サーキュレーター、助手席背面のスマホやタブレットが入るバックポケットとUSBポートなど、アメニティも充実しているようです。

全車マイルドハイブリッド搭載。マイパイロットはOP設定に

エンジンはNAもターボも全車にマイルドハイブリッドが組み合わされます。WLTCモード燃費はNAエンジン車で20.8km/L(FF)と、「N-BOX」(21.8kmk/L)や「タント」(21.2kmk/L)を少し下回りますが、アイドルストップからの再始動や発進加速にハイブリッドならではのスムーズさなどがあるのか、今後のインプレッションにも注目です。

一方、先進アシスト系では全車速ACCとレーンキープを組み合わせたマイパイロット(日産のプロパイロットと同じ)が上位グレードでもオプション扱いになっているのは先に出たeKクロス/eKと同様で、ベースグレードでは選択ができません。価格帯が比較的高めなだけに、市場でこのあたりがどう評価されるのか気になるところです。ちなみにマイパイロットと電動パーキングブレーキをセットにした先進快適パッケージは7万1500円(税込み)となっています。

【 三菱 eKスペースのその他の情報 】
三菱 eKスペースの中古車一覧
三菱 eKスペースのカタログ情報
三菱 eKスペースの買取相場

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します