サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > どっちを選ぶ? SUV専用設計タイヤの本命、ブリヂストン「アレンザ LX100」と「アレンザ001」を乗り比べた

ここから本文です

どっちを選ぶ? SUV専用設計タイヤの本命、ブリヂストン「アレンザ LX100」と「アレンザ001」を乗り比べた

sponsored by ブリヂストン

新しい時代の乗り味

ブリヂストンがオンロード向けSUV専用に開発した「アレンザ」シリーズ。コンフォート性能を謳う「アレンザLX100(以下LX100)」と、運動性能を重視した「アレンザ001(以下001)」に同時試乗することができた。

SUVといえば、その高い車高が織りなす視界の良さや、セダンよりも優れたラゲッジへのアクセス性と高いユーティリティを持つことから、市場の中心車種へと急成長したジャンルだ。しかしその分だけ車重は重くなり、高い車高を支える足下が重要になる。

こうした厳しい要求にブリヂストンはLX100と001のふたつで対応してきたわけだが、それはお世辞抜きに新しい時代の乗り味といえる出来映えだった。

“新触感”のアレンザLX100

最初に紹介したいのは、LX100とトヨタ「ハリアーハイブリッド」の組み合わせだ。街中を走り始めてまず感じるのは、”新触感”ともいえる心地よさ。タイヤが路面の凹凸を上手に吸収しながら、静かに、抵抗感なくスムーズに転がっていく。

実はこれ、とても大変なことである。現代のタイヤはCO2の排出量削減のために、転がり抵抗の軽減を最重視しており、その傾向は最近特に顕著になっている。そのためにメーカー各社は、タイヤの変形を可能な限り少なくする、もしくは変形させてもすぐにこれを元に戻すことでエネルギーロスを減らそうとするのだが、転がり抵抗の低減はタイヤの剛性を引き上げることにつながり、乗り味が硬く、バネ下が重たくなりがち。

しかしLX100は、転がり抵抗グレードで「A」を達成しながらも快適な走行フィールを実現していた。技術的な側面からこれを考察すると、まずSUV専用にチューニングされたサイドウォールが、重たく背の高いボディをしっかりと支えていることが挙げられる。数値だけを重視すれば角が立つこの部分に、ブリヂストンは適度なしなりを持たせ、まっすぐ走ればスムーズに、信号を曲がればしっかりとボディを支えて快適に走ってくれるのである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します