サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 【レビュー】ミシュランのSUV向けタイヤ「プライマシーSUV+」に試乗。前作との違いは”M+S”

ここから本文です

【レビュー】ミシュランのSUV向けタイヤ「プライマシーSUV+」に試乗。前作との違いは”M+S”

【レビュー】ミシュランのSUV向けタイヤ「プライマシーSUV+」に試乗。前作との違いは”M+S”

ミシュラン プライマシー SUV+

M+Sから純サマータイヤへ

昨今、乗用車の大半を占めるといっても過言ではないSUV。SUVの市場におけるシェアが高まれば高まるほど、タイヤメーカーから登場する商品も、SUV向けのものが増えてくる。ミシュランが22年5月に発売する「ミシュラン プライマシーSUV+」はその最新版だ。

プライマシーSUV+は同社の”プレミアムコンフォートSUVタイヤ”というジャンルの製品で、従来の「ミシュラン プレミアLTX」の後継商品となる。プレミアLTXも多くのSUVの標準装着タイヤとして採用されてきたほか、リプレイス用としても人気を博したタイヤだ。

一番の違いは何か。それはプレミアLTXがM+S(マッド&スノー)タイヤに分類されるのに対し、プライマシーSUV+はサマータイヤに位置づけられる。M+Sタイヤとサマータイヤの間には公的機関が定める明確な違いはないが、一般的には、M+Sはその名の通り、よりさまざまな路面状態(未舗装路や積雪路)や温度(特に低温)でも性能を発揮する設計になっており、サマーは通常の路面温度のドライ/ウェット路面での使用に最適化された設計になっている。

なにはともあれ、プレミアLTXとプライマシーSUV+(いずれも純正サイズの225/65R17)が装着されたトヨタ「ハリアー」を交互に試す。はじめにコースの外周路を80~100km/hで周回する。まずプレミアLTXを試し、乗り心地やレーンチェンジ時の安定性などをチェック。何の不満も感じられないのを確認し、次にプライマシーSUV+を試す。同等の性能を確認したうえで、そこはかとない静粛性の高さを感じた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します