サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アウディRS Q3をサーキットで試乗。オプションの可変ダンパーが重いSUVに効果的

ここから本文です

アウディRS Q3をサーキットで試乗。オプションの可変ダンパーが重いSUVに効果的

1730kgのボディに5気筒400PSエンジンを積むSUV

2020年12月上旬、静岡県の富士スピードウェイにて、アウディ「RS Q3」に編集が試乗しましたので、レポートします。

アウディ RS Q3は12月8日から全国のアウディディーラーで販売されている、アウディ「Q3」のハイパフォーマンスモデルです。

搭載されるパワートレーンは今では珍しい直列5気筒DOHCターボで「インターナショナル エンジン オブ ザ イヤー」の2.0~2.5リッターカテゴリーで9年連続でベストエンジン賞に選出されたエンジンと、電子油圧制御式の多板クラッチによって前後アクスルにトルクが可変配分されるアウディのフルタイム四輪駆動システム「クワトロ」が組み合わされています。最高出力は400PS、最大トルクは480Nmで1730kgの重量級ボディですが0-100km/h加速タイムは4.5秒と公表されています。

Q3より車高が10mm低いRS用サスペンション、RS専用ハニカム形状のラジエターグリルやリアディフューザーなどを装備し、特徴的なブリスターフェンダーが力強く見えますが、直線的なキャラクターラインによってグラマラスというよりは全体的にシャープでスマートな印象です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します