サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > プラグインハイブリッドのゴルフGTE発売。EV走行約53km&499万円

ここから本文です

プラグインハイブリッドのゴルフGTE発売。EV走行約53km&499万円

フォルクスワーゲンは9月8日、同社初のプラグインハイブリッドモデル「ゴルフ GTE」を発売した。価格は499万円だが、購入時にはクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費として最大38万円が適用される。

EV走行距離53.1km、EV最高速度130km/h

ゴルフ GTEは110kW/150psを発生する1.4L TSIエンジンに80kW/109psを発生する電気モーターを組み合わせ、8.7kWhと比較的大容量のリチウムイオンバッテリーをラゲッジルーム床下に搭載した、パラレルハイブリッド式のPHV(プラグインハイブリッド)車だ。

電気モーターのみで走る「Eモード」で最長53.1kmの航続距離を達成。Eモードの最高速度は130km/h※、ハイブリッド走行時の燃費は12.8km/L※となっている(※は欧州参考値)。6速デュアルクラッチ式(湿式)のトランスミッションと電気モーターは一体型のハウジングにまとめられた専用設計。コースティング機能や積極的に回生するBレンジも備えている。また、フロントグリル中央のエンブレムには200V充電ソケットが内蔵され、約3時間で満充電にできる。

3つのドライブモードとスポーティな設定

「E」「HV」「GTE」という3つのドライブモードが切り替えられるのも特徴。「E」モードは電気モーターの駆動力だけで走行し、バッテリー容量が低下すると「HV」モードに切り替わる。自慢の「GTE」モードは、エンジンと電気モーターが同時に作動して常に最大のパワーを発揮するスポーティーな設定で、0-100km/h加速は7.6秒(ゴルフGTIは6.5秒)となっている。

ゴルフ GTIの「e-mobility」バージョン

ゴルフ・ファミリーにおけるGTEのポジショニングは、GTIと共通性を持たせたエクステリア&インテリアに表現されている。エクステリアでは、グリルにGTIのレッドの代わりに「e-mobility」を表すブルーのラインが走り、17インチタイヤ(18インチもOP設定)、LEDヘッドライト、リアスポイラー、デュアルエキゾーストパイプなどの演出もスポーティ。さらにC型のLEDランプやブルーのGTEロゴ、ブルーのキャリパーが「e-mobility」というキャラクターをアピールしている。

インテリアもフラットボトム・ステアリングやシフトブーツにブルーのステッチを使い、GTIに似たスポーツシートはGTI風のチェック柄にブルーのラインが入る。また、ドアシルプレートやドアパネルにもブルーのアンビエントライトが埋め込まれている。

専用タイプのディスカバー プロを標準装備

全速度域で作動するプリクラッシュブレーキやアダプティブクルーズコントロール、ステアリング補正も行うレーンキープアシストなど、ゴルフ自慢の先進安全機能も標準装備。

同じく標準装備となるSSDタイプの純正インフォテイメントシステム「ディスカバー プロ」は、EV走行可能レンジ、エネルギー・フローやEV走行比率の表示、出発時間や充電時間をプログラムできる専用機能が追加されている。また、11月からはGTEユーザー向けにPC・スマホ・タブレットなどで充電予約やエアコン設定ができる「Car-Net e-Remote」のサービスが開始される。

<スペック>

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します