サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > DCTを採用した新しいMINIに賛否両論。一押しグレードは?

ここから本文です

DCTを採用した新しいMINIに賛否両論。一押しグレードは?

外観よりも走りが大きく変わったのだが…

ドレスアップするオーナーが多い「MINI」の場合、今回の変更は気がつかない人が大勢いるかもしれないが、乗れば確実に変化はわかる。今回MINIハッチバックファミリー(3ドア/ 5ドア / コンバーチブル)に施されたマイナーチェンジは、簡単に言えばそんな印象だ。

エクステリアではフロントヘッドライトの外周部分が楕円形にデイライトとして点灯する。夜はフォグランプを含めて全てのライトが真っ白のLED色で輝くように点灯。さらに、リアコンビネーションランプにはユニオンジャックがデザインされた。とはいえ、この程度の変更なら従来型オーナーとしてホッとした人も多いだろう。

しかし、乗り味は大きく変わった。正式に足回りの味付けなどを変えたというアナウンスはないが、誰もが気がつくレベルで乗り心地がよく、滑らかになっている。大人のMINIになったと表現できるほどに。思い返せば、以前MINIのフルモデルチェンジのときにも、そう書いた記憶がある。今回も同じ方向性でさらに進化した印象だ。

今回試乗した3ドアハッチバックのクーパーもコンバーチブルのクーパーSも、明らかに突き上げ感が少なく上質になった。乗り味という観点では明らかに評価できる。MINIが大事にするゴーカートフィーリングも健在だ。オススメ! と言いたいところだが、実は素直に喜べないモヤモヤがあった。これはあくまでも主観だが、MINIを買う人は、こんな優等生を求めていたのだろうか?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します