サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ルーテシアMC版に試乗。表情一新で魅力アップも17インチモデルに異議あり

ここから本文です

ルーテシアMC版に試乗。表情一新で魅力アップも17インチモデルに異議あり

ルーテシアMC版に試乗。表情一新で魅力アップも17インチモデルに異議あり

ルーテシア インテンス

より個性的なアピアランスに変化

「カングー」「トゥインゴ」と並ぶルノー3本柱のひとつ、「ルーテシア」がマイナーチェンジ。とはいえパワートレイン系の変更は去年の春すでに行われており、今回はルノーのデザイン戦略である「サイクル・オブ・ライフ」を基軸に、そのアピアランスをより個性的なものへと改めることが主題だ。

ちなみにサイクル・オブ・ライフは6つのテーマを持っており、ルーテシアが担当するのは最初のステージである「LOVE」。パリで一番売れているBセグハッチ、そのコンパクトなボディに男女二人が乗り込んで、近しい空間で愛を育むという筋書きだろうか。文字にするとちょっとこっ恥ずかしいけれど、そんなロマンチックな妄想も似合うから、欧州車は楽しい。

マイナーチェンジで目を惹くのは、日本市場では初となる「Cシェイプランプ」。フルLED化されたライトはスモールランプと兼用の常時点灯タイプで、施錠時に一定時間タイマー点灯して周囲を照らすウェルカムランプ機能も装備している。またフォグランプを内蔵したバンパーはよりアグレッシブなエアスクープ形状となり、その目ヂカラと共に、これまで「RS」以外は大人しめだったルーテシアの印象を大きく変えた。

このアピアランス変更と同時に、上級仕様の「インテンス」には3色のダッシュボードトリムカラーと2色のシートカラーを用意した。これはボディカラーとコーディネイトされる形式で、たとえば今回の試乗車「ルージュドゥフランスM(メタリック)」には、ルージュ(赤)のトリムとシートが同色カップリングされている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します