サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ドライカーボン製のリヤスポイラーを装着。WRX S4 STI Sport GT コンセプト - 東京オートサロン

ここから本文です

ドライカーボン製のリヤスポイラーを装着。WRX S4 STI Sport GT コンセプト - 東京オートサロン

1月10日(金)~12日(日)に幕張メッセで開催された「東京オートサロン2020」から注目モデルをピックアップ。

スバル「WRX S4 STI Sport GT コンセプト」は、スバルが「スポーツリニアトロニック」と呼ぶCVTを搭載した「WRX S4 STI Sport」がベース。ドライカーボンリヤスポイラー、19インチアルミホイールなどのSTIスポーツパーツ装着し、走行性能を高めたモデルです。

外装は同時に展示された「BRZ STI Sport GT コンセプト」と同じ「ギャラクティック ダブリュアールブルー メタリック」で、内装も同モデルと同様に「専用RECAROシート」など、シルバーとレッド基調としたことでそれまでのSTIモデルの雰囲気を引き継いでいます。

現行WRXのベースモデル、4代目「インプレッサ」シリーズはすでに代替わり済みで、新型の登場も時間の問題。次期型はその性能が好評のスバルの新プラットフォーム「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」を採用することは間違いなく、熟成された現行型の良さもさることながら、新型にも期待が高まります。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します