サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > いつかは僕もわたしもラリードライバー! ラリチャレ豊田で感じたラリーの熱

ここから本文です

いつかは僕もわたしもラリードライバー! ラリチャレ豊田で感じたラリーの熱

sponsored by TOYOTA GAZOO Racing

モリゾウの本質的かつファジーなメッセージの意義

「もっといいクルマをつくろうよ」……豊田章男社長が初めてそう発信したのは、いつのことだったろうか(調べたら2009年4月の新年度方針演説の壇上でした)。その後、明らかにトヨタのクルマ作りは変わっていき、「いいクルマ」が次々と生み出され、今や国内市場はトヨタの独り勝ちといっていい状況になっている。

もとより全国津々浦々まで張り巡らされたトヨタのディーラー網は他メーカーの追従を許さないし、ユーザーに寄りそうディーラーマンの対応にも定評があった。

そんな土壌の上に「いいクルマ」が揃えば、まさに鬼に金棒。各モデルの開発エンジニアにとってみれば、本質的かつファジーな“モリゾウ”こと豊田社長からのメッセージをプレッシャーに感じつつも、以前よりもクルマ作りの自由度が高まったと解釈できたのかもしれない。端的にいえば、エンジニア魂に火が付いたともいえるだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します