サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 元祖ドイツ系4ドアクーペ「メルセデスCLS」が3代目に進化して登場

ここから本文です

元祖ドイツ系4ドアクーペ「メルセデスCLS」が3代目に進化して登場

メルセデス・ベンツのCLSといえば、2003年に登場した初代モデルが“4ドアクーペ”というカテゴリーを世界のトレンドにした先導者といえる。その3代目となる新型モデルが、LAオートショーにてデビューした。まずはゴージャスなインテリアが注目ポイント。ハイテクノロジーを実感させるフルデジタルコクピット、キャビン全体を包み込むように連続したパネルなど、贅を尽くした一台であることを主張しているようだ。

いかにも4ドアクーペらしい伸びやかなシルエットに、シャープなヘッドライトを組み合わせた姿は、紛うことなきCLSらしいもの。そのロングノーズには、新開発「直列6気筒」エンジンが収められている。ガソリン、ディーゼルとも3.0リッターの排気量となる新ユニットは、ディーゼルの最高出力が210kW(285hp)と250kW(340hp)、ガソリンは270kW(367hp)だ。

さらにガソリンエンジンには『EQブースト』と呼ばれる48Vハイブリッドが組み合わせられ、短時間ながら16kWを上乗せすることが可能となっている。また、ガソリン直噴エンジンの環境性能を確保すべく、ガソリンパティキュレートフィルターが備わっているのも、ダイムラーの最新技術によるパワートレインであることを示している。なお、ディーゼルエンジンはコーティングしたシリンダー壁を持つアルミブロックにスチール製ピストンを組み合わせた最新世代だ。

プリクラッシュセーフティシステム『アクティブディスタンスコントロールディストロニック』についても、メルセデスらしい最高レベルの仕上がりを期待させるもの。改良を受けたカメラとレーダーセンサーなどを採用することで、従来以上に周囲の状況を検知できるようなっている。さらに運転支援を行なう自動運転技術では、30秒の停車に対応できるという。

フロント4リンク、リア5リンクのエア・サスペンションは、パフォーマンスとハンドリングとコンフォート性を、いずれも高いレベルにまとめ上げていることが期待できる。「コンフォート」、「スポーツ」、「スポーツ+」とモードを切り替えることで、ドライバーの意思に忠実なセッティングに変更できることも見逃せない。

【ロサンゼルスオートショー2017特集はコチラ】

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します