サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > アコードを復活させたホンダはインサイトやクラリティの低迷を挽回できるか?

ここから本文です

アコードを復活させたホンダはインサイトやクラリティの低迷を挽回できるか?

CR-V、インサイトに続く絶版モデル後継車の復活

2020年1月23日、2月発売予定の「ホンダ アコード」日本仕様車の画像や一部情報が解禁になりました。事前撮影会で触れてきた担当編集からの情報も合わせて、日本版アコードに迫ってみましょう。

まず、日本では“新型”扱いのアコードですが、北米では2017年7月に発売されている熟成が進んだモデルです。昨年の東京モーターショーにも参考出品されたので、見かけた人もいるのではないでしょうか。

そしてこのパターンは2019年1月に日本で復活した「インサイト」(北米では2018年6月発売)や、2018年8月に復活した「CR-V」(北米では2016年10月発売)にも似ています。ホンダに限った話ではありませんが、“海外では評価が高く、後継モデルが登場後しばらく経ってから日本に再導入”という流れは、本家本元である日本のファンとしては複雑な心境かもしれません。

次のページ>>ライバルのカムリとの真っ向勝負とはならないかも?

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します