サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ミニ クロスオーバー 大きくなった理由とは?

ここから本文です

ミニ クロスオーバー 大きくなった理由とは?

ゼニアの営業マンがミニを選ぶ理由

今年6月、ミラノでアルファロメオ100周年イベントが行われた。不況が叫ばれる中、ヨーロッパ各地から様々な年式とグレードのアルファが集結したのはご想像のとおり。本国イタリアでは相当話題となった…らしい。

そんな記事を読んでいるといろいろなコトが頭に浮かんだ。そういえば、今年はレンジローバー40周年だし、来年はジープ70周年。そうそう、シボレーも来年は設立100周年か、というように。

で、それはクルマ業界に限ったことじゃない。イタリアのメンズラグジュアリーブランド、エルメネジルド・ゼニアも今年100周年を迎え、この夏ミラノでロングタームの展覧会が開催されていた。

そんなゼニアのことを考えるとつねに浮かぶクルマがある。それがMINI。

というのも、かつてこんなハナシを耳にしたことがある。ゼニアの営業マン(?)が顧客の家を訪問しオーダーを取ることがあるという。で、そのときの足がまさにMINI。クラブマンの荷室に生地を載せてお屋敷をまわるというのだ。

この話を聞いたとき、えらく納得したのを覚えている。MINIといえばサイズによるヒエラルキーを超越したインテリジェンスあるクルマ。その点からしてこれは絶妙なセレクトとなる。いくらラグジュアリーブランドとはいえ、顧客よりいいクルマで訪問するというのはセンスない行動だからだ。

これぞまさにMINIのポジションを肌で感じているヨーロッパならではのエピソード。センスあるクルマ選びと声高らかにいいたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら