サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型インプレッサ・プロトタイプに試乗。車格超えの走りと質感

ここから本文です

新型インプレッサ・プロトタイプに試乗。車格超えの走りと質感

新型インプレッサ・プロトタイプに試乗。車格超えの走りと質感

インプレッサ スポーツ 2.0i-S アイサイト

次世代スバルの幕開け

肌身で感じている方もいるだろうが、ここ近年のスバルは絶好調だ。水平対向エンジンや独自の4輪駆動システムであるシンメトリカルAWDなど、昔から支持を集めているこだわりの走りに加えて、やはり衝突被害軽減ブレーキなど予防安全のパイオニア的な役割を担うアイサイトの商品力と魅力がその後押しをしているのだろう。

数字を並べるのは好きではないがその成長があまりにも凄いので紹介しておくと、日本のみならず北米市場でも好調で、2011年対比で2015年を見ると売上高で2倍超えの3.2兆円。営業利益は驚異の15倍超えの5655億円。スバルの前身である中島飛行機から数えて生誕100周年の来年に向けて、今やグローバルでの販売台数は100万台を超える勢い。

そして、その好調は今後も継続するであろうことを、今日、肌身で感じてきたので紹介しよう。そう思わせたのが、新型インプレッサの存在。プロトモデルではあるが、タイミング的にほぼ市販モデルと捉えても良い状態。とは言えまだナンバーが付く前なので、伊豆の修善寺にあるサイクルスポーツセンターを借り切っての試乗会となった。

まず意識すべきはインプレッサそのものではあるが、より正確に言うと「次世代スバルの幕開け」とメーカー自らが言うほど、根底から全てを見直して劇的なる商品力向上を果たすべく造られた新プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」の効果。

結果を先に述べることになるかもしれないが、このインプレッサから採用が始まったので、スバルの中で末っ子のポジションを担うはずのモデルが、兄貴分のモデルを商品力で抜く“ねじれ現象”が当分の間起きる可能性がある。それを確信犯的に見越して次世代に向けて舵取りをしたインプレッサの乗り味等を順に紹介していこう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します