サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > NSXに本格試乗した。看板技術のSH-AWDは諸刃の剣か?

ここから本文です

NSXに本格試乗した。看板技術のSH-AWDは諸刃の剣か?

日本発のスーパースポーツが復活

カリフォルニアの砂漠リゾート地パームスプリングスにまで出かけて、やっと確認できた。新型NSXのカッコ良さは本物だ。

この手のスーパースポーツにおいて、視覚に訴えかける官能的な魅力は何よりも大事。もちろん走りの性能は当然だが、駐車場で対面したとき、まずは惚れ惚れする見た目で気分が高揚し、走り出してさらに興奮が増すのはお約束だ。荷物を積めない、快適性や居住性は望めない、その代わりに官能的な見た目と性能がある。NSXは初代から、そんなクルマ=スーパースポーツがしのぎを削る世界に勝負を挑むモデルだった。

ライバルたちの中でも十分な勝機を持っていることは、昨年10月に栃木にあるホンダのテストコースで開発車両を見て確認している。塩見 智氏のレポートでも、そのカッコ良さは保証つきだ。しかし、サーキットやテストコースなどのクローズドコースで見る姿と、街中などの周りにクルマがある状況での印象は違う。スタイルはいいが、まとまりすぎて迫力や存在感に欠けるケースだってあるのだ。

改めて言おう。他のクルマと一緒に走るNSXの姿は、低さと広さがより強調されて、所有欲が刺激されること請け合いだ。官能的な排気音と共に走り抜ける姿に見とれないクルマ好きがいたら、不感症? と聞きたくなるかもしれない。街中ではじめてその姿を見たとき、25年前に登場した初代NSXが、当時のフェラーリ主力モデル・F355と比肩されるカッコよさと性能を備えていたことを思いだした。時代の荒波を乗り越えて、日本発のスーパースポーツカーが復活したのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します