サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 秘密は”電子制御との協調”。コンチネンタルのスタッドレス「バイキング・コンタクト 7」は厳冬の北海道でも通用するのか?

ここから本文です

秘密は”電子制御との協調”。コンチネンタルのスタッドレス「バイキング・コンタクト 7」は厳冬の北海道でも通用するのか?

sponsored by コンチネンタルタイヤ・ジャパン

タイヤメーカーであり、タイヤメーカーにあらず

コンチネンタルのスタッドレスタイヤ「VikingContact 7(以下:バイキング・コンタクト 7)」を、北海道にある同社のテストコースと一般路で、2日間たっぷりと試乗することができた。

バイキング・コンタクト 7のインプレッションを始める前に、まずはコンチネンタル社について話をしよう。同社は、1871年にドイツ中部の産業都市、ハノーバーでタイヤメーカーとして産声を上げた。創業から149年の歴史において、「世界初となるトレッドパターンを持つ着脱可能なタイヤ」を1904年に発売。以後も、環境性能の向上をいち早く実現した「ContiEcoContact」(1991年)や、市販タイヤで最高速度360km/h承認となった「ContiSportContact2 Vmax」(2003年)など、常に時代を先取りしながら消費者のニーズに応えてきたメーカーである。

この“ゴムから始まった活動”は、エンジンマウントやブッシュ、果てはエアサスペンションといった自動車部品全般の製造にまで及ぶ。1995年にはオートモーティブ部門を設立し、自動車メーカーと共にABSやESC(車両安定装置)といった車両制御システムおよびソフトウェアを開発。交通事故による死亡者および負傷者、交通事故そのものをもなくそうという「ビジョンゼロ」のコンセプトを掲げ、自動運転技術も視野に入れた先進安全技術への取り組みを行っているメーカーなのである。

コンチネンタルは、タイヤメーカーとして世界第3位(2019年)であるものの、この売上高はグループ全体で見ると30%にも満たない。その真の姿は、世界トップ3に入るメガ・サプライヤー。さらに言えば、サプライヤーとして唯一タイヤ製造を行うその高い技術力こそが、グループ全体にインタラクティブな影響をもたらしていると言える。筆者は今回の試乗でメガ・サプライヤーの実力を体感すると同時に、改めて欧州のタイヤ技術の奥深さと、スタッドレスタイヤの可能性を思い知ったのであった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します