サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > フォルクスワーゲン、新型スモールSUV「T-クロス」発表。「ポロ」のSUV版的なサイズ感

ここから本文です

フォルクスワーゲン、新型スモールSUV「T-クロス」発表。「ポロ」のSUV版的なサイズ感

独フォルクスワーゲンは10月25日、アムステルダム、上海、サンマウロの3都市でスモールSUV「T-クロス」を初披露した。

T-クロスは、既存のミッドサイズSUV「ティグアン」より小型サイズとなるスモールSUV。世界的に人気上昇中のスモールSUV市場を狙い、世界3大陸で同日にデビューしたグローバルモデルとなる。

全長4.11mのコンパクトなボディに大人5人が乗れるスペースを確保しており、後部座席は14cmのスライド幅を設定することで、用途に応じて後席の居住性と荷室の積載性のバランスを変えられるようにした。荷室容量はリアシートのスライド位置により385リッターから455リッターとなる。サイズ的には「ポロ」(全長4.06m)のSUV版と考えるとイメージしやすいかもしれない。

エンジンは、ガソリンが「1.0TSI・95ps仕様」「1.0TSI・115ps仕様」「1.5TSI・150ps仕様」の3基、ディーゼルは「1.6TDI・95ps仕様」のみの計4タイプを用意する。

装備面では、歩行者検知機能付きの自動ブレーキ「フロントアシスト」や車線内の走行をサポートする「レーンアシスト」、坂道発進をサポートする「ヒルスタートアシスト」、後側方の死角の車両の存在をドライバーに伝える「ブラインドスポットディテクション」などを標準装備。このクラスとしては安全装備は充実している。

このほかコネクティビティ系の装備も設定され、USBポートは最大で4つ用意するなど、スマートフォンの連携・充電もバッチリだ。

生産は、スペイン工場をはじめ、アメリカと中国でも行われ、順次各市場で展開予定となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します