サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 直6ディーゼル、PHV、FRプラットフォームなど見どころ多数! マツダ「CX-60」の予約を24日より開始、価格は299万円から

ここから本文です

直6ディーゼル、PHV、FRプラットフォームなど見どころ多数! マツダ「CX-60」の予約を24日より開始、価格は299万円から

>>マツダ CX-60のスペック詳細はこちら

4種類のパワートレインで幅広いグレードを展開

マツダは、新型SUV「CX-60」の予約を6月24日より開始する。発売は9月を予定している。

マツダの”新世代ラージ商品群”の第1弾であるCX-60は、現代のクルマに求められる高い安全性能と環境性能を満たしながら、マツダならではの走りとデザインを凝縮した1台。マツダ初のPHVや直列6気筒ディーゼルエンジンなど、4種類のパワートレインをラインアップし、幅広いグレードを展開する。

価格は299万2000円~626万4500円(税込)で、マツダにとっては高価格帯へ参入する意欲作となっている。

●e-SKYACTIV PHEV(4WD):
直列4気筒ガソリンエンジン+モーター+大容量バッテリーを搭載したマツダ初のプラグインハイブリッドモデル:現時点で燃費非公開

●e-SKYACTIV D M Hybrid Boost(4WD):
新開発の直列6気筒ディーゼルと48Vマイルドハイブリッドの組み合わせ:21.1km/L

●SKYACTIV D 3.3(FR/4WD):
新開発の直列6気筒ディーゼルエンジンモデル:19.8km/L(FR)

●SKYACTIV G 2.5(FR/4WD):
直列4気筒ガソリンエンジンモデル:14.1km/L(FR)
※燃費は代表的なグレードから抜粋

>>マツダ CX-60のスペック詳細はこちら

新開発FRプラットフォームを採用

プラットフォームは、縦置きパワーユニットに対応した新開発の「SKYACTIV マルチソリューションスケーラブルアーキテクチャー」を採用。トランスミッションは、新開発のトルコンレス8速ATを搭載する。

サスペンションは、前輪にダブルウィッシュボーン、後輪にマルチリンクを採用し、ロードスターに採用された車輌姿勢制御技術「キネマティック・ポスチャー・コントロール(KPC)」も搭載する。

4WDシステムは後輪駆動ベースの「i-ACTIV AWD」を新開発。「マツダインテリジェントドライブセレクト(Mi-Drive)」は、新たにEVモードとトーイングモードをグレード別に追加し、オフロードを含めさまざまなシーンで”人馬一体の走り”を提供するという。

インテリアでは、ドライバーの体格に合わせて理想的なドライビングポジションを自動調整する自動ドライビングポジションガイドなどを備えた「ドライバー・パーソナライゼーション・システム」を採用。ドライビングポジションにこだわるマツダならではの装備と言える。

>>マツダ CX-60のスペック詳細はこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します