サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ボルボ新型V60。最新のデザイン言語採用で強力なライバルに臨む

ここから本文です

ボルボ新型V60。最新のデザイン言語採用で強力なライバルに臨む

ボルボは、ブランドの中核を担うミドルサイズワゴン「V60」にフルモデルチェンジを実施し、21日に披露した。先週公開された予告映像では断片的な姿しか見られなかったが、今回ついにその全容が明らかとなった。

「メルセデス Cクラスステーションワゴン」「BMW 3シリーズツーリング」「アウディ A4アバント」など、強力なライバルがひしめくこのクラスに投入された新型V60は、エクステリア、インテリアともにフラッグシップの「V90」などに通じる最新のデザイン言語を採用する。

特にインパネ周辺のシンプルで温かみのある造形は、ドイツやイギリスのライバル達とは明確に異なるもので、ハンス・ウェグナーのチェアなどに代表される北欧デザインを好む向きにはたまらなく魅力的に映るだろう。もちろん長年ワゴンを作り続けてきたボルボだけに、荷室の使い勝手や実用性も徹底的に追求されている。

また、新型のプラットフォームはメーカーが各モデルで共通化を進める「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)」に一新され、拡大された居住空間、「Apple CarPlay」などのコネクティビティ、さらには先進のドライバーサポートシステムを備えたモデルへと、先代から長足の進歩を遂げている。

パワーユニットは「T5」と「T6」に直4ガソリンが、「D3」と「D4」に直4ディーゼルがそれぞれ採用されるほか、遅れてガソリンエンジンにモーターを組み合わせたプラグインハイブリッド(PHEV)モデルも2種類導入される見込みだ。特に、PHEVは340馬力と390馬力という高出力を誇るから、エコと同時にモアパワーを求める顧客はその登場まで暫く待つのもいいだろう。

一昔前までボルボといえば、ヒット作となった「940」や「850」に代表されるボクシーなフォルムが特徴だったが、今ではスタイリッシュなワゴン、SUVの代名詞となった感がある。新型V60もアクティブなライフスタイルを楽しみながら、デザインにもこだわりを持つファミリー層には最高の選択肢となりそうだ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します