サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > “普通二輪免許で乗れる”だけではない、BMW G 310 Rの存在感

ここから本文です

“普通二輪免許で乗れる”だけではない、BMW G 310 Rの存在感

水平対向エンジンをアイコンに、大排気量のプレミアムな自動二輪を手がけてきたBMWモトラッド(BMWの二輪部門)。そんなプレミアム・バイクブランドのBMWモトラッドが、アジアや南米などの新興国もターゲットとした世界戦略車として、世に送り出したのが、“普通二輪免許で乗れるBMW”として鳴り物入りでデビューした、G 310 Rです。

搭載されるエンジンは、4ストローク水冷単気筒313CC、価格は59万9000円と、国内メーカーの同排気量車と十分に対抗できる戦略的価格で、“史上最もお買い得なBMW”と言われています。

BMWモトラッドはエントリーモデルとして、インドのメーカーに生産委託するなど、コストを抑えてこのG 310 Rを送り出したわけですが、クオリティはもとより、メカニズムにも当然ながら手抜きはなく、前方吸気・後方排気という、市販車の4ストロークエンジンとしては非常に珍しい形式を採用しています。これは、エキゾーストパイプが前にない分、エンジンを前方に配置することで、フロント加重を稼ごうという狙いだそうですが、うがった見方をすれば、BMWがただの単気筒エンジンを、世に送り出すわけにはいかないという、こだわりや意地みたいなものを感じたりもします。

操安性に関しては、フロント加重が増えたことで、俊敏なハンドリングを実現すると同時に、エンジンを前に出した分、車体サイズに対して長めに設定されたリアスイングアームが、後輪のサスペンションストロークを増大させ、結果、BMWらしい高い快適性を実現しています。

普通二輪免許で乗れるという点がクローズアップされるG 310 Rですが、バイクとしての魅力は普通二輪という枠組みを超えて、評価されるべきモデルではないでしょうか。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します