サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 走りのGR SPORTとギア感高めたアドベンチャー追加! ヤリスクロス一部改良、8月8日発売

ここから本文です

走りのGR SPORTとギア感高めたアドベンチャー追加! ヤリスクロス一部改良、8月8日発売

>>トヨタ ヤリスクロスの詳細はこちら
>>トヨタ ヤリスクロス ハイブリッドの詳細はこちら

一部改良は小変更にとどまる

トヨタは「ヤリス クロス」の一部改良モデルを8月8日に発売。同時に「GR SPORT(スポーツ)」と「Z“Adventure”(アドベンチャー)」を新たに設定する。価格は通常モデルが189万6000円~293万6000円、GR SPORTが236万7000円~275万円、Z“Adventure”が233万1000円~293万6000円。

一部改良の内容は、ドライブレコーダー付自動防眩インナーミラーの全車オプション設定とZグレードのブラック内装追加などで、デザインに大きな変更はない。

>>トヨタ ヤリスクロスの詳細はこちら
>>トヨタ ヤリスクロス ハイブリッドの詳細はこちら

気になるGR SPORTの内容は?

新設定されるGR SPORTは、エクステリアに専用デザインのフロントフォグベゼル、リアディフューザーを採用し、ラジエーターグリル(アッパー、ロア)、リアバンパーロアカバーはGRの「G」をモチーフにしたメッシュタイプに変更。他にも専用18インチアルミホイール(切削光輝/センターオーナメント付)を装備し、リアゲートにGR SPORT専用エンブレムを装着する。

インテリアは、専用シート表皮(エアヌバック+合成皮革)のスポーツタイプのシートを採用し、内装の加飾はダークメタリック塗装に統一した。

シャーシ、足まわりは、フロア下とロアバック(リアバンパーの内側)にブレースを追加し、剛性を向上。さらに車高を10mmダウンし、スポーツタイヤ「FALKEN FK510 SUV」を標準装備とした。またブッシュ、コイルスプリング、ショックアブソーバー、電動パワーステアリングをスポーティな味付けに変更している。

パワートレーンは、モーターの過渡特性を最適化。加速、減速時のアクセルレスポンスを高めた。またドライブシャフトのねじり剛性を向上させ、パワー伝達の最適化を図っている。

>>トヨタ ヤリスクロスの詳細はこちら
>>トヨタ ヤリスクロス ハイブリッドの詳細はこちら

Z“Adventure”はSUV感を高めた仕様

同じく新設定されるZ“Adventure”は、専用バンパー(フロント/リヤ)とシルバー塗装のルーフレール、合成皮革「サドルタン」とブラック基調のツイード調ファブリックを組み合わせた専用シートを装備する。

気になる納期だが、特に新たなアナウンスはされておらず、ホームページによれば7月中旬現在6ヶ月以上とのこと。発売までには納期が短縮されることを期待したい。

>>トヨタ ヤリスクロスの詳細はこちら
>>トヨタ ヤリスクロス ハイブリッドの詳細はこちら

<終わり>

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら