サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > コブラ待望のAT仕様に乗った。身体中が熱く…

ここから本文です

コブラ待望のAT仕様に乗った。身体中が熱く…

受け継がれているコブラの血統

英国らしいどんよりとした曇り空に轟き渡ったエクゾーストノートは、きっと天国のキャロル・シェルビーにまで届いていたにちがいない。

2012年5月、F1経験やル・マン24時間レース優勝経験もあるレーシングドライバーであり、のちに伝説的スポーツカー、ACコブラの生みの親となったキャロル・シェルビーが89歳で永眠した。その直後の6月に開催された、クラシックカーやレーシングカーの聖地と呼ばれる英国の伝統的祭典、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでは、シェルビーへ哀悼の意を表す参加者を多く見かけた。

そしてその日、私は正真正銘オリジナルの1964年製コブラが走る姿を初めて目撃し、しばらく我を忘れて目で追った。鳥肌が立ち、あまりの感動にカメラを構えることもできず、ただただコースを疾走する姿を焼き付け、爆音をしっかりと心に吸い込んだのだった。

私がこれほど動揺したのには理由がある。シェルビー自身が1963年から製作を始めたオリジナルのコブラは、世界にたった947台。現存するのは何台あるのかわからないが、とても稀少なことは間違いなく、この目で走る姿を見るなんて夢のまた夢だと思っていたからだ。フェラーリなどの強者たちを相手に熾烈な闘いを繰り広げ、1964年にル・マン優勝、1965年にはGTのワールドチャンピオンとなったコブラ。その勇姿は今、伝説となって輝き続けている。

ただし、コブラの血統が途絶えてしまったわけではない。実は1998年に、シェルビーはCSX4000シリーズとしてコブラの再生産を始めた。現在もその流れを継ぐモデルの生産が行われ、ある情熱的な人物によって、日本にも数多くのコブラが正規輸入されてきたのである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら