サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > プリウス、発売月に乗用車販売1位に【マーケット概況】

ここから本文です

プリウス、発売月に乗用車販売1位に【マーケット概況】

軽と輸入車が低迷

2015年を締めくくる12月の新車マーケット。1月から11月までマイナスが続いていたが、12月も国産車・輸入車を含めた総台数は前年比14.5%減、前月比5.0%減の36万9460台と前年を下回った。2014年は12月の登録台数が11月を上回ったが、2015年は減少。冬のボーナス商戦期に期待された伸びは見られなかった。なお、1-12月の累計は504万6511台で、4年連続で500万台の大台は守ったものの、前年を9.3%下回った。詳しい状況を日本自動車販売協会連合会(自販連)、全国軽自動車協会連合会(全軽自協)、日本自動車輸入組合(JAIA)が発表したデータから見ていこう。

登録乗用車(輸入車含む)は全体で3.0%増の20万4327台。このうち普通乗用車は前年比9.7%増の11万1516台と好調だった。これは新型「トヨタ プリウス」が発売初月から好調なスタートを切ったのが大きい。一方、小型乗用車は4.1%減の9万2811台と前年を割り込んだ。「トヨタ シエンタ」や「トヨタ カローラ」「トヨタ ヴィッツ」など好調なモデルもあったが、トヨタ以外はヒットが乏しかった。1-12月の累計では登録乗用車は前年比5.5%減の270万4485台と伸び悩んだ。

軽乗用車は、2015年4月の軽自動車税の増税を機に販売台数がガクンと減り、その影響をまだ引きずっている。12月は前年比36.1%減と落ち込みが目立った。前年のこの時期に増税前の駆け込みで軽の需要が拡大していたためだ。2014年に4割に達していた乗用車全体(輸入車含む)に占める軽のシェアは、2015年12月は37.1%だった。ただ、10月は36.5%、11月は38.0%で、12月だけが極端に少ないわけではなく、増税以降はおおむね30%台後半をさまよっている。なお1-12月の累計は前年比17.8%減の151万1404台で、東日本大震災があった2011年以来、4年ぶりのマイナスとなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ