サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スズキ「エブリイワゴン」はベースグレードでも快適装備に不足なし

ここから本文です

スズキ「エブリイワゴン」はベースグレードでも快適装備に不足なし

キャブオーバーのメリットは車内の広さ

carview!ではさまざまなモデルの情報が掲載されていますが、マーケットで人気があるにもかかわらず、なぜか情報の掲載が少なかったモデルもありました。今回は、そんなモデルのひとつであるスズキ「エブリイワゴン」をピックアップしたいと思います。

エブリイ ワゴンは、軽商用バンである「エブリイ」の乗用バージョン。現行モデルが登場したのは2015年2月のことでした。

スズキ「スペーシア」やホンダ「N-BOX」などの「スーパーハイトワゴン」と呼ばれる軽自動車と同じく、エブリイワゴンもスライドドアを持つ軽自動車ですが、何が違うかと言えば、もっとも大きく異なるのはエンジンの搭載位置です。

スペーシアやN-BOXは、一般的な乗用車と同じくフロントにエンジンを搭載しています。しかし商用バンがベースであるエブリイワゴンは、前席の下あたりにエンジンを置き、後輪を駆動させる「キャブオーバー」というレイアウトを採用しています。キャブオーバーはフロント部分にエンジンがないので、キャビンをグッと前方に寄せることができ、その後方に広大な空間を生み出せる――というメリットがあります。

そんなキャブオーバー方式を採っているエブリイワゴンの車内スペースはとにかく広く、室内長と室内幅、そして室内高(※ハイルーフ車)はクラスNo.1。180mmスライド可能な後席をいちばん後ろにセットして4名が乗車しても、たくさんの荷物が乗せられますし、後席を倒してしまえばよりいっそう広大に。さらに助手席も倒せば、身長180cm以上の人でも身体を完全に真っすぐ伸ばした状態で寝そべることが可能です。

搭載されるエンジンは最高出力64psの3気筒ターボで、トランスミッションはCVTではなく4速AT。駆動方式は2WDのほかに4WDを選ぶこともでき、JC08モード燃費は14.6~16.2km/Lをマーク。安全装備は、デュアルカメラブレーキサポートや誤発進抑制機能などからなる「スズキ セーフティ サポート」が全グレードに標準装備されています。

次のページ>>おすすめグレードは真ん中の「PZターボ」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します